FC2ブログ
芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • ボストン美術館 パリジェンヌ展 世田谷美術館
    世田谷美術館に行くのは2005年の「ゲント美術館名品展」以来なので、十年以上振りです。
    前回の記憶がないのですが、アクセスしづらいですね。

    18世紀以降のパリの女性の生活、風俗等にフォーカスした展覧会です。
    名古屋、東京、広島と巡回します。

    本展では、妻、母親、労働者、社交界で活躍する女性…とさまざまな役割、視点からの作品、資料が並び、その時々の歴史や場面においてパリジェンヌがどのように生き、またどのような姿でとらえられていたかを比較しながら見ることができます。
    19-20世紀においては、流行を発信する自律した女性のイメージがありますが、社交界で活躍したり、流行を着飾り文化を発信したりする役割もパリジェンヌならではでしょう。貴族、プチブル、芸術家、女優など文化をリードしたパリジェンヌを数えていっても、同時代で比較して群を抜いています。このような文化が長くに渡り、ヨーロッパ各国、またアメリカに及ぼした影響は大きいです。

    絵画では、ヴィンターハルターやサージェントらの肖像画、マネの「街の歌い手」などがあります。マネは依然にも日本にも来ました(三菱一号館)。
    トマ・クチュールもありました(こちらも以前見たような気が)。
    版画、写真、ポスター、テキスタイル等々、いろいろな形式の作品があるので、油彩はそこまで多くはないですが、秀作が多くそろっていたと思います。

    この展覧会で示されたパリジェンヌの姿は無数にあるうちのいくつかです。パリジェンヌやその文化の多様性を理解する手がかりとなる企画展といえます。
    スポンサーサイト