FC2ブログ
芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • ヴィクトリア&アルバート博物館


    ロンドンにある世界最大級のデザイン、工芸系の博物館です。
    ‘V&A’ として知られており、日本でもグッズをよく目にします。

    世界、古今東西の美術・工芸品を収蔵展示しており、その膨大なコレクションはとても一日では見切れるものではありません。マストをまわりつつ、他は自分の興味、趣味に合わせて、スポット的に鑑賞するのがよさそうです。
    企画展(無料もしくは有料)もあるので、チェックして行きたいです。

    絵画では、「ラファエロのカルトン」の専用ギャラリーがあり、貴重かつ見応え十分です。
    また、フレデリック・レイトンの1対の壁画があるので、ヴィクトリア朝絵画ファンは見逃せないです(訪問時は片方は立ち入り不可になっていました)。

    陶磁器は、収蔵庫をそのまま見せているような圧倒的物量の展示室になっており(下のピクチュアの前後面あるガラスケースがずっと続きます)、見応えは十分すぎますが、やはり入りはまばらでした。ルーシー・リーの工房を再現した展示がありましたが、肝心の作品が少なく少々残念でした。

    V&Aはロンドンのミュージアムの中でも特にミュージアムショップ、カフェテリアが充実しています。
    ショップの方は、日本でもおなじみのV&Aオリジナルグッズやセレクト品があります。フロア面積、物量があるので、あらかじめ、オンラインショップであたりを付けて行った方が吉と思います。
    カフェテリアは、キッチンで本格的な料理を供しているのでクオリティが高いです。また、有名なギャンブル・ルームで食べられるということでテンションも上がります。なにせコレクションが膨大なので、上手く休憩に使いたいですね。


    フレデリック・レイトンの壁画


    陶磁器のコレクション
    スポンサーサイト



    デザインミュージアム


    ロンドン、ケンジントン地区に位置するコンセプトミュージアムです。

    昨年2016年に現在の場所に移転オープンしたそうです。
    展示内容は、もちろんデザイン一般なのですが、(近現代の)工業、工芸デザイン寄りです。
    家電なども結構あり、日本のゲーム機、コンピュータなどもあったかと思います。
    靴好きとしては、革靴のクラフトワークを紹介する展示があって良かったです。

    常設展示以外に、企画展示(無料もしくは有料)をやっています。
    私が訪問した時は、カルティエの企画展示をしており、入場無料ながら結構な充実度でした。

    美術館の多いロンドンにあって規模やロケーション的に見て、また近くに総合デザイン美術館のV&Aがあり、優先度は高い美術館とはいえないかもしれません。
    企画展示はユニークなものをしているようなので,企画展示内容を見て訪問すると満足度が高いかと感じます。
    ミュージアムショップはやはりセレクトが良いです。