芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • ミュシャ展 国立新美術館
    ミュシャの最大のライフワークであり歴史的大作のスラヴ叙事詩全20点を展示する企画展です。
    個人的は、この作品を見る目的で2013年にプラハのヴェレトルジュニー宮殿にいったことがあるので、思い入れの深い作品であり、しかも今までの来歴・経緯も多少知っていたので、この作品群がよもや日本で公開されるということにも非常に驚きました。
    過去記事:http://rapsodie.blog9.fc2.com/blog-entry-381.html

    当時の現地訪問では、ヴェレトルジュニー宮殿の1階の展示会場に10名程度の客しかおらず、ほとんどの作品を間近で一人で鑑賞できました。
    もちろん今回の展覧会は超人気展となっており、平日でもチケットカウンターやショップはずっと行列しており、内部も多くの観客でにぎわっていました。
    ただ、混雑で鑑賞できないレベルということはなく、巨大絵画であるので(ほとんどの人がひきで見るため)意外に至近距離ではゆっくりと鑑賞できるスペースがありました。

    スラヴ叙事詩展示の後は、パリ時代の作品が並ぶ章になっていました。
    もちろん、企画展のボリュームやミュシャの紹介という観点では良いのでしょうが、個人的には蛇足感が否めず、「ミュシャ展」が実質「スラヴ叙事詩展」というコンセプトであったなら、ない方が統一感があったと感じました。当然、本展は「スラヴ叙事詩展」と銘打っていないので私の批判はあたりませんが、欲をいうなら、メイン会場以降は、スラヴ叙事詩の関連作品(習作、デッサン、写真等)を扱って、「スラヴ叙事詩展」となっていれば文句のつけようのない企画展になったと思います。
    パリ時代のリトグラフや作品はこれまでの企画展で見たものが多く、多分に自分と同じ感想を持った方がいたのではと思います。

    また、日本の企画展ではあまりない、写真を撮ることが可能なコーナーがありました。
    今のスマホ、SNS全盛を反映している企画ですが、個人的にはこのような激烈に混み合う企画展では止めてほしいです。というのも鑑賞者が撮影者に遠慮しなくてはならなくなるような状況が多く生まれ、生の絵に向き合うという本来の目的がそがれるからです。
    大きな一眼レフを持ち込むガチな人や、絵の前に立って記念撮影する人など、スマホで一二枚控えめに撮るというような感じではない人も見受けました。

    スラヴ叙事詩は、最初の3作品が特に構図、空間の広がり、人物の連動感から見て素晴らしいのですが、一般にもそのような評価であると知りました。この前段3作は、現実世界の中に理念的な、ヴァーチャルな世界を重ねて描いている点が共通しています。特に、第一作「原故郷のスラヴ民族」は静謐でシンボリックな作品、対して第二作「ルヤーナ島でのスヴァントヴィート祭」は「原故郷~」の統一感や緊張感とは別ベクトルで、躍動的でやや乱雑さをもって鑑賞者を圧倒させるかのような作品で、この2作は好対照をなしています。
    他は、「ヤン・アーモス・コメンスキーのナールデンでの最後の日々」、「ロシアの農奴制廃止」などの寂寞感や鬱屈とした大気表現なども個人的に好きです。
    絵画の鑑賞の仕方としては、もちろん画面を広く捉え、全体的に鑑賞することも大切ですが、個々の人物や装飾等にフォーカスして見るのもよいと思っています。このような超大作でも、当然のことながら、一人一人の登場人物の折り重なりによって、もっといえば筆のひとつひとつのタッチによって構成されています。多くは技術的なことになってしまいますが、絵に近寄ってタッチや絵肌を観察することで見えてくることがあります。この点でも第一作「原故郷~」は草むらのタッチなど遠くからでは分からない画面処理が見えてきます。

    今回は図録も貴重なものとなっており、スラヴ叙事詩を真正面から捉え、網羅的に解説した初の図録かと思います。書店でも広く発売しており、主催者側の意気込みも伝わってきました。
    スポンサーサイト