芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
    鈴木其一 サントリー美術館
    江戸琳派の絵師鈴木其一の企画展です。

    鈴木其一は、江戸琳派の大家酒井抱一の弟子で、その後継者である絵師です。
    抱一というとまだ江戸中期のイメージですが、鈴木其一の没年は安政年間であり、江戸後期、そして幕末にかかっています。こうしたことからも、江戸琳派を媒介し、近代日本画の萌芽となる重要な位置にいる絵師なのです。

    昨今の琳派ブームにあっても、やや抱一の陰に隠れてしまっている感もあって、私の其一に対してのイメージは漠としたままでした。
    今回の展覧会は、盛況かつ内容も充実しており、鈴木其一のオリジナリティやポジションを広く確立したものになった感があります。

    内容は、其一の代表作を集め、かつ抱一以下江戸琳派の絵師の作品も同時に紹介するものになっています。
    其一が師抱一から多くを吸収し、それを体現していった過程を見ることができます。
    また、独自の手法を模索し、さまざまな技法や画題に挑戦していったことも示されています。
    明暗をもった大胆な筆さばき(風神雷神図)、デザイン性やリズム感をもった表現(朝顔図屏風)、そして生き生きとした、ややサイケ感も感じる色調表現など。
    革新性をもった表現でも、古典の習熟、畏敬そして再解釈によって構成されており、鈴木其一の絵師としてのメンタリティ、プライドも感じることができます。
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。