芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
    ミュシャ展 森アーツセンターギャラリー


    ミュシャの大規模な回顧展です。

    ミュシャ財団のコレクションで構成していることもあり、近年のミュシャ展と比較しても、展示内容のクオリティ、コンセプト/構成、展示量などどれも充実したものでした。
    特に、人口に膾炙したリトグラフ作品がずらっと並ぶだけではなく、油彩、デッサン、下絵、工芸、写真資料など多角的にミュシャの作品を提示しているところは評価されます。
    図録でも解説されていた通り、サラ・ベルナールものをメインとしたポスター制作をしていた時代は10年ほどであり、ミュシャのキャリアのヴァラエティをとらえるには様々な画題にスポットライトをあてることが必要です。
    そして、ミュシャの時代を追うごとの変遷、作品テーマなど分かりやすく、かつ、一級の作品資料をもって構成しているのが素晴らしかったと思います。
    個人的には、この展覧会前に、プラハでスラヴ叙事詩を鑑賞することができたので、スラヴ叙事詩のセクションは見ることができて、事後になりましたが理解・解釈の手助けになりました。特に、パステル、チョークで原寸大に近い下絵をつくっていたことは発見になりました。本作の一部の仕上げにも、このパステル下絵の影響を読み取れる部分があります。

    意外にも、現地であるはずのミュシャ美術館やその他のプラハの美術館での展示量は多くなく、下絵、デッサン等をまとまって見る機会はなかったです。そういった意味でも、このような企画展は貴重な場であると思いました。
    装飾資料集、聖ヴィート教会ステンドグラス、晩年の創世記シリーズ構想画などミュシャのさまざまなアートワークを一覧できる内容のつまった企画展になっています。

    **

    相当久しぶりに森美術館に行きましたが、美術館と同フロアにロッカーやクロークがないみたいですね。来場者は大き目の荷物でもそのまま持ち込まなければならず、鑑賞者も困るし、何よりも展示・鑑賞環境がよろしくないと思うのですが…
    美術館のスタンダードに鑑みて、コインロッカーやクロークは近くに併設すべきと思いました。
    スポンサーサイト
    【ウィーン】ウィーン・ミュージアム カールスプラッツ


    カールスプラッツ駅舎などのあるカールスプラッツにある博物館、美術館です。
    HPを見ると、ウィーン・ミュージアムはいくつかの施設からなる複合博物館のようで、ウィーン・ミュージアム カールスプラッツはその中の一つです。

    展示内容は実に多岐に渡り、絵画、彫刻などの他、家具、テキスタイル、工芸装飾、考古学資料などまで含んでいます。
    クリムトやシーレの有名作が展示されていることはよく紹介されていますが、それだけではなく、ウィーンについて歴史的に多角的に知ることのできる博物館なので、ウィーンに関心がある人には楽しめる施設だと思います。

    ウィーン・ミュージアム カールスプラッツの絵画コレクションですが、大まかに見て、ルネサンス~18-19世紀まで、ビーダーマイヤー絵画、ウィーン分離派・世紀末美術に大別できると思います。

    かなり古い年代のものもあるのですが、近代絵画に目を向けると、オーストリア画壇では知られた、ハンス・マカルトのあやしい雰囲気を持った女性像が目を引きます。マカルトの作品は各美術館に数点あったのですが、この旅の中で、もっと作品を見たい、と気になった画家ですね。デッサンの上手さは文句なしに伝わってきますが、それだけではなく、表現や仕上げ・塗りまで個性的で引き込まれます。
    ビーダーマイヤー絵画では、ヴァルトミュラーの作品がかなり充実しており、ベルヴェデーレ(オーストリア・ギャラリー)も併せて鑑賞すればかなりの数のヴァルトミュラー作品を見ることができます。ヴァルトミュラーが多作なのか、ウィーンの美術館に特別に集まっているのか。
    作品数でおよそ20作品くらい展示してあり、風景画で出来の良い作品が集まっていると思いました。
    アメリングは男女の恋人を描いた円形の作品が1点あるのみでした。完成度の高い作品なので1点でも見応えがあります。
    ダンハウザーの愛らしい子供を描いた作品も良かったです。
    その他近代絵画では、カール・モル、Ferdinand Kruis(1869-1944)などの作品も良いものがありました。
    世紀末絵画では、上記した通り、クリムト、シーレのクオリティのある作品が数点ずつあるので、これだけでも拝んでくる価値があると思います。

    常設展示以外にもコンスタントに企画展を開いているようです。
    旅行本などではさらっと紹介されている気配がありますが、意外にもボリュームがあり濃い美術館だと思います。
    【ウィーン】アルベルティーナ美術館


    ウィーンの中心に位置する美術館で、ハプスブルク家の宮殿としてあったものです。
    実際に行ったり地図を見たりすると分かるのですが、何気にホーフブルク王宮の一角を構成しています。

    この美術館は、教科書にも載る有名作であるA.デューラーのウサギの水彩画を収蔵していることで知られています。このデューラーの水彩、素描を代表として、版画や素描の一大コレクションを持つ美術館とのことで、公式HPには、「版画素描コレクションはゴシック後期から現代までの約 5万点の素描・水彩画と90万点の版画を網羅しており、世界でもっとも重要で包括的なコレクションの一つ」であると紹介されています。
    常設展示で、デューラーの作品4.5点と、ミケランジェロ、ラファエロのデッサン、ルーベンスの人物表情を描いたデッサンなど巨匠の作品を多数公開していました。デューラーの作品については、日の差す窓際に展示していて、光などの影響は大丈夫なんだろうかと、そしてこれは(レプリカじゃなくて)真作なのかと思ってしまいましたが。
    その他、ユベール・ロベール、グルーズ、フリードリヒ、シーレの作品もありました。
    数十万の素描・版画コレクションと聞くと、膨大な展示量で見て回るのが大変なのかと思ってしまいますが、実際に公開展示しているのはごく一部であり、2時間もあればゆっくり鑑賞できる程度です。
    また、展示室は宮殿の各部屋を利用しているので、宮殿の室内装飾、彫刻、家具調度品なども一度に楽しめる環境になっていました。特にシャンデリアなどはとても美しくかつ迫力ありましたね。

    素描コレクションを展示する宮殿の部屋のほかに、通常の美術館の展示室として整備されたフロアもあり、常設展、企画展に利用されていました。
    訪れたときは、「マネからピカソ」というタイトルでコレクションを紹介していました。
    モネ、セザンヌ、ルノワール、ドガなどの印象派、ポスト印象派周辺、ムンク、ピカソ、マグリットなど素描に劣らない近代画コレクションを展示していました。
    個人的には、ジャコメッティの子供を描いた絵が気になりました。

    ミュージアムショップも広く充実していて、デューラーのウサギグッズなどのオリジナル商品もありました。
    コレクションのクオリティーも折り紙つきで、宮殿内部も一見の価値ありですので、おすすめの美術館です。
    【ウィーン】セセッシオン(分離派会館)


    ウィーンのユーゲント・シュティールを体現する、シンボリックかつメモリアルなモニュメントです。
    金のキャベツの異名をとる通り、月桂樹の金色の球体装飾を建物の頂に配しています。
    建築、装飾を見るのだけでも十分面白いです。
    入口の大きなカメを亀が支えていたりと。

    セセッシオンは、クリムトの著名な壁画である「ベートーベン・フリーズ」を展示していることで知られていますね。
    行く前は、天井付近に描かれている壁画を地面から見上げて眺めることになるのかと思っていましたが、展示室には物見櫓のような台が設けてあり、目線の高さで鑑賞することができるようになっていました。
    「ベートーベン・フリーズ」は装飾的、立体的に描かれているので、近くによって確認しながら鑑賞できたのは良かったです。

    セセッシオンは、企画展を開くギャラリーも併設しています。
    自分の行ったときは閉じていました。
    また、ミュージアムショップは、グッズ、書籍ともに充実していました。

    大きい美術館は見回るだけでも疲れてしまいますが、セセッシオンは「ベートーベン・フリーズ」だけなら30分もあれば十分に堪能できます。
    【プラハ】プラハ国立美術館 シュテルンベルク宮殿


    Sternberg Palace
    Šternberský Palác

    プラハ国立美術館に属する美術館で、広く15-19世紀のヨーロッパ絵画を展示しています。

    美術館はシュヴァルツェンベルク宮殿の向かいに位置していますが、通りから奥まったところにあり、アクセスに関してはやや分かりにくくなっています。
    上の写真は入口を写したものですが、狭い路地を下っていくと入口門があり、奥に立派な美術館がひかえています。(ちなみに自分はさまよいました… 通りからは全然分からない…)
    入場券はシュヴァルツェンベルク宮殿と共通になっていました。

    プラハ国立美術館の中でもコレクションの充実ぶりは群を抜いており、まずもって鑑賞すべき美術館であると感じました。
    美術館は3階建てであり、最上階(現地でいう2階)がメインのフロアとなっています。
    おおざっぱに展示内容をカテゴリ分けすると以下のようになります。

    ・ルネサンス(ティントレット、ティエポロ)
    ・北方ルネサンス(クラナハ、デューラー)
    ・フランドル(ルーベンス、ファン・ダイク、レンブラント、ヤン・ステーン、メツー、ダウ、デ・ヘーム、サフトレーフェン、ヤコプ・ロイスダール、サロモン・ロイスダール)
    ・17-18世紀フランス絵画(グルーズ、ルブラン)
    ・17-18世紀スペイン絵画(ゴヤ、エル・グレコ)
    ・19世紀ドイツ・オーストリア絵画(フリードリヒ、ヴァルトミュラー、アメリング)

    ルネサンス、フランドル絵画が質、量ともにコレクションの核となっています。
    特にルーベンス、ファン・ダイクのコレクションは、ドーム部分の天井の高い特別の展示室が充てられていて、見ごたえ十分の大作がいくつも掛けられています。
    また上に掲げたように、ヤン・ステーン、メツー、ヘラルト・ダウなどなど著名なフランドル画家の作品も多く扱っています。

    さらに、地上階にあるギャラリーにはデューラーの巨大な祭壇画(「バラの祭」「薔薇冠の祝祭」という作品のようです)がありますが、貴重な作品であり必見ものでしょう。

    個人的には、19世紀のドイツ、オーストリア絵画もフォローしていたのもポイントが高かったです。
    今回、ビーダーマイヤー時代の画家、フリードリヒ・フォン・アメリングの作品が現地ウィーンで多く見られるかと思っていたのですが、意外にあまり作品とは対面できず、この美術館でアメリング作品(自画像)を見ることができたのは良かったです。

    プラハでは、このシュテルンベルク宮殿と、ヴェレトルジュニー宮殿を訪れれば、中世から近代までのヨーロッパ絵画を一望できるようになっています。
    プラハ城からすぐなので、時間があればスルーせずに行って欲しいですね。


    【プラハ】プラハ国立美術館 ヴェレトルジュニー宮殿


    Veletržní palác
    Veletržní palace

    プラハ国立美術館を構成する施設はプラハ市内にいくつもあり、ヴェレトルジュニー宮殿はその中の一つで近現代の芸術を展示する美術館となっています。
    (パレスを訳して)宮殿と名がついていますが、ピクチュアの通り歴史的な装飾的建築物などではなく、コンクリート造りで中が吹き抜けの近代的なつくりをしています。
    公式を少し参照すると、建物は戦前に建設され、当初は貿易関連の施設として使用されており、美術館として整備されたのは1995年と最近のようです。

    建物は7階あり、1階の大ギャラリーが訪問時、ミュシャのスラヴ叙事詩展会場となっており、1、3~7階部分が常設+企画展示をしていて、2階部分は展示がありませんでした。
    展示分野は、19世紀から現代までの美術作品であり、絵画、彫刻、工芸など多岐に渡りますが、現代芸術を含んでいるのでより一層、幅の広さを見せています。
    チェコ国内のアーティストはもちろん、ヨーロッパを中心に各国の芸術家の作品を収蔵・公開しています。特に、19、20世紀フランス絵画のコレクションは充実しており、これだけ目的のために行っても満足することができると思います。
    現代芸術に関しては、展示の半分を占めており、量・質ともに見応えは十分すぎるほどです。面白く、あっといわされる作品が多く、工夫された展示方法/空間も含めて見ていて飽きなかったです。

    訪問してみて、なぜこれほどまでの美術館がきちんと紹介されていないのか不思議に思います。
    美術館としては相当の規模の大きさであり、展示量・床面積でいえばオルセーに匹敵するといっても過言ではないと感じました。現代アート部門や工芸部門などもきちんと見て回れば、とても半日では足りません。
    また、規模だけではなく、チェコの近代絵画や一連のフランス絵画コレクションという、重要かつ質の高い収蔵品を公開しているという点も見逃せません。
    チェコにおいて近現代芸術に触れるには最上の美術館の一つであると思います。
    以下、チェコとフランスの近代絵画セクションに絞って、収蔵作品のメモを載せます。

    チェコ絵画
    最上階に展示されています。
    いかんせん、情報が少なく名前の読みさえ不明なのもあります。あとで補完・補遺できたらと思います。
    ・ヨゼフ・マーネス(Josef Mánes)
    ・(Vojtěch Hynais) :古典主義、ヴィクトリア朝絵画趣向が見えました。
    ・シカネデル(Jakub Schikaneder) :抒情的、幻想的な明暗の表現。
    ・アルフォンス・ミュシャ :意外にというべきか展示数は少なかった。
    ・Karel Vítězslav Mašek
    ・Beneš Knüpfer
    ・František Kaván :風景画が複数。
    ・Hlavaček :風景画を得意とする画家のようです。水、川などの表現が特徴的です。
    ・Antonín Hudeček
    ・フランティセック・クプカ František Kupka :有名な抽象画家で、調べると日本でも個展をやったことがあるよう。ウィーンの美術館などでも作品を見ました。色彩を立体構造的に組み合わせたような抽象画が多くありました。

    フランス絵画
    ほとんどのビッグネームは押さえていることに驚きます。小品が多い感は否めませんが、それでもピカソなど特定の画家に絞るとかなりのクオリティを誇るコレクションになっていました。
    鑑賞できた主な画家を箇条書きでまとめます。
    ・ドラクロワ
    ・バルビゾン派(ドゥカン、ドービニー、ルソー、コロー、ディアズ)
    ・クールベ
    ・ドーミエ
    ・マネ
    ・印象派周辺(ピサロ、シスレー、マネ、ドガ、ルノワール)
    ルノワールは、恋人を描いた1875年の初期作品を展示。
    ・シャヴァンヌ
    ・ゴーガン
    ・マティス
    ・カリエール
    ・エコールドパリ周辺(ロートレック、ユトリロ、ヴァラドン、シャガール、ローランサン)
    ・キュビズム(ピカソ、ブラック)
    ピカソは独立の展示室があり、まとまった数が鑑賞できます。

    その他
    20-21世紀のインターナショナル絵画セクションがあり、ヨーロッパ各地の画家を集めた展示室がありましたが、知見の浅さゆえに良く分からず。1階には、ココシュカ、クリムト、ムンクがありました。


    【プラハ】プラハ国立美術館 シュヴァルツェンベルク宮殿


    Schwarzenberg Palace
    Schwarzenberský palace

    プラハ城の正門近く、位置的には同じプラハ国立美術館に属するシュテルンベルク宮殿の広場を挟んで向かいにあります。
    入場券は、シュヴァルツェンベルク宮殿、シュテルンベルク宮殿共通となっていました。
    ピクチュアの通り、特徴的でユニークな外装、外壁をしており、とても目立つ美術館です。
    内装も古めかしい感じでした。
    美術館の名は、宮殿を建設したシュヴァルツェンベルク家に由来するようです。

    彫刻、加えて17-18世紀のチェコの絵画を中心に扱っています。
    彫刻作品は結構な数が展示されていました。
    チェコのバロック絵画については画家などの詳細は分かりませんが、大作も広々と展示されていました。
    また、最上階は骨組みむき出しの屋根裏を利用した展示室になっていて、甲冑、剣などの武器がずらっと並べられており、迫力がありました。



    【プラハ】ミュシャ美術館


    ミュシャ財団が運営するアルフォンス・ミュシャの個人美術館です。
    美術館のある建物は大きいのですが、美術館はその一部が充てられており(ピクチュアで分かるように建物正面から見て右側のみ)、展示室3,4つ分の展示となっていました。展示スペースに比べて、ミュージアムショップは立派でした。何気にカフカグッズも取り扱っていました。

    展示作品は、カラーリトグラフが主であり、これがだいたい半分くらいだったでしょうか。
    残りは、カルトン、下絵、油彩、パステル、写真資料が程よく並べられていました。
    見どころとしては、家族を描いた油彩と、「荒野の女」などが挙げられます。
    ミュシャの足跡をたどる映像資料も放映されていました。
    個人的には、もうちょっと展示スペースを広げて作品を出してほしいと思ってしまいます。
    ゆっくり見ても、1時間弱で鑑賞できる展示量の施設です。
    【プラハ】プラハ王宮美術館


    プラハ王宮付属の美術館です。チケットも王宮と共通になっています。
    大きな展示室が3つくらいで、程よい広さと展示量の施設だと思います。
    木の床、赤い壁に緑の長椅子が映えていました。

    展示作品は、16-17世紀のルネサンス、バロック絵画がメインです。
    共通券で入れる施設で、詳しく紹介している観光案内もないので、あまり期待はできないと思いきや、有名画家の作品を多数公開しています。
    ルドルフ2世のコレクションがもとになっているとのことです。
    時間があれば、聖ヴィート大聖堂や王宮だけではなく、この美術館も併せて見学する価値は十分にあります。
    美術館はピクチュアの通り、こじんまりとした入口くらいしか目印がなく、目立たないのですが・・

    ○鑑賞できた主な作品
    ハンス・ホルバイン、スプランヘル(聖人、寓意画)、クラナハ、ルーベンス(受胎告知小品、オリンポス山の神々を描いた縦2m超の大作もあり)、レーニ(「ネッソスに略奪されるデイアネイラ」)、ティツィアーノ(女性像)、ヴェロネーゼ
    中欧の美術館
    中欧三都、プラハ、ウィーン、ブダペストを放浪してきました。
    2月中旬ですが、プラハ、ウィーンはデフォルトで雪が降っていて寒かった。

    美術的なお目当ては、プラハ:ミュシャのスラヴ叙事詩、ウィーン:ビーダーマイヤー、分離派、ブダペスト:18-19世紀ハンガリー絵画、といったところです。
    大きな予定変更やトラブルもなく、見て回れてこられたので、またこの場で美術館レヴューを簡単にまとめたいと思います。
    意外にというべきなのか、ウィーンの有名美術館を除いて、本でもネットでもこの三都の各美術館の紹介は発達していないので、客観的に特徴や公開収蔵品などを書いていきたいと思います。
    入場料や常設展示などはコロコロ変わっていっています。あくまでも過去のある時点の情報であることを断わっておきます。また、鑑賞時の簡単なメモと記憶を頼りに書いているので間違いもあるかもしれません。明らかな誤りは指摘していただけたらと思います。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。