芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • オルセー美術館展2010「ポスト印象派」 国立新美術館
    もう展覧会が終わって結構経ちますが、振り返りということで書きます。

    テーマは表題のとおり「ポスト印象派」ということですが、狭義のもの、つまりゴッホやゴーガン、セザンヌらの作品を集めただけのものではなく、広く印象派につづく革新的な絵画運動を取り上げるものとなっています。
    よく、ポスト印象派は、後期印象派と誤訳されてきましたが、そうではなく「印象派以後」のさまざまな絵画潮流を内包しているものとして理解しなければなりません。そういう意味で、今展は、19~20世紀フランスに、バルビゾン派・リアリスム―印象派という流れの後、どのような動きがあったのかを整理して見るのには格好の機会だと思います。

    展覧会は、ゴッホやセザンヌということからなのか、かなりの賑わいを見せていました。点描やナビ派などの作品も多く集まる中、これだけの集客力は驚きでした。
    おそらく、オルセーっていうことが先に立つのでしょうが、そのオルセーという部分で質の高い作品を見ることができるというのも確かに大きな魅力になっています。

    印象に残っているのは、スーラ作品と、「内面への眼差し」のセクション、そしてヴュイヤールの装飾画です。

    スーラは、有名な「グランド・ジャット島~」「ポーズする女たち」の習作が見ることができます。双方ともに、完成作は等身大の人物を配す大作ですが、習作はかなり小ぶりな作品であり、「グランド・ジャット島~」の方は点描の統一感がなかったりします。逆に、「ポーズ~」は三人の裸婦が完成型に近い形で構成されています。
    迷いなく仕上げられたような完成作には、途方もない作業が費やされているわけですが、その下の習作の一部がどのようなものであるのかを知るのは面白いと思います。点描の絵肌は特にデリケートだし、大規模な描きなおしなどはきかないはずなので。
    「内面への眼差し」と名付けられた章は、ポスト印象派に加えて、象徴主義と一般的に呼ばれる作品が占める章になっています。象徴主義は作風としては、ポスト印象派とは異なっていますが、シャヴァンヌやモロー、ルドンが彼ら与えた影響や彼らとの交流は知られるところです。ハンマースホイもあったりと、気をきかせたハイセンスなセクションだと思いました。
    展覧会も出口にさしかかるところのヴュイヤールの装飾パネル群には圧倒されます。技法は膠をつかったフレスコの一種だそうで、この質感に、全体的なダルトーンがマッチしているし、公園の広がりや人物の関係性などが上手く表わされていて、妙に落ち着いた気分になれる絵だと思いました。
    スポンサーサイト
    ノイズキャンセルな事情
    ノイズキャンセリング機能付きのヘッドホンが欲しい、と以前から思ってたのですが、ここにきて飛行機に乗ったりする予定ができ、東京に出向く際も電車で1時間単位でかかっているため、やっぱ買っておこうと思い立ちました。

    オーバーヘッド型で、音漏れが少ないというのが最低条件で、音質・着け心地が良い、というのが次点、ノイズキャンセリング機能はそこそこでもいいや、っていう気持ちで試聴してきました。
    最近、カナル型で相当音漏れしている人を電車で何人か見ましたが、そういうのは、勘弁してよ、っていうのもあり、やはり公共の場で使う以上、適度な音量で聴けて、音漏れしないというのは外せないと思います。
    ヘッドホンマニアとかじゃないので、パンピー視点で雑感を整理します。というか、そんなに聴きこむほど家電店に居座れないし、喧噪のなかで低音がどうのこうのとかは分からないス。


    ■AKG :手持ちの414pとかぶるので自重しました。

    ■オーテク ATH-ANC7b :音漏れがひどい…につきます。イヤーカップを反対に耳にあてても普通に音振動がするレヴェル。密閉型ということだけど、オープン型と疑ってしまう。これさえなかったら…、という感じですが、かなり重要な部分なので候補にならず。

    ■BOSE :試聴できず。でも値段的に候補ではないです。

    ■デノン AH-NC732 :音漏れはあんまりないと思いました。音質はクリアな感じ。これはオンイヤータイプだけど、アラウンドイヤータイプ(覆い型)の新機種AH-NC800も出ています。NCレヴェルはどっちもおんなじ位良いと感じました。音質に関してもNCに関しても、そこまで進歩しているとは明確に感じなかったわけですが、買うならAH-NC800がいいと思いました。でも、4万弱もだす気はないなあと。

    ■コス QZ900 :音漏れはあんまりないかと思います。NC機能は日本製のものと比べ一段落ちるかなといった印象です。気になったのは、自分の耳にフィットしないということです。覆い型なのですが、すんなり耳に収まらない感じでした。音は解像度が物足りない感じがしました。

    ■パナ :型番は見ませんでしたが、1万もしないのにNC機能はかなりあると思いました。

    ■ゼンハイザー PXC350 :NC機能や音は文句ないです。デザインはシックですが、如何せん大きいので、飛行機、新幹線、グリーン車とか以外で使うのにはちょっと厳しいのではないかと。耳を包み込むつくりによるパッシヴNC(物理的な音遮断)も期待できそうだし、使用用途やインピーダンスが問題なければ買いで問題ないでしょう。

    ■ソニー NC600D :NC機能や装着感はかなりいいと思います。NCモードも複数あったりします。しかし、音が自分の好みではなく、はっきりくっきりした感じではないです。デノンと聴き比べるとそこら辺が気になりました。あと、スルー機能なし(電池切れで普通に使えない)ってのも考慮した方が良さそうです。


    以上が各メーカー機種の第一印象です。
    音漏れも目立たなく、中音域がはっきりと前にでている感じがするデノンのものに決めました。
    ベストな選択ではないと思いますが、NCヘッドホンであるということや価格の制限もある中で、デノン機種は不満な点が少ないです。
    ちょっと使い慣れてきたらまた所感を書いてみたいと思います。


    加えて、NC機種とともに、密閉型も気になるのを試聴してきました。
    ゼンハイザー380PRO と シュア840 で、ともにモニター用ヘッドホンです。
    ゼンハイザーの方がいいだろうなと思ってましたが、はっきりとシュアの方が音がたっていて自分好みに聴こえました。シュア840は2万弱ですが、ブランド最上位機種ということで、かなりいい仕事していると思います。
    次はAKGと比べてみたいと思います。