芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
    ちびっこ吸血鬼は二度死ぬ


    このブログを彩る読み物、「ちびっこ吸血鬼」について、久しぶりに書いてみます。
    何気に、前回の記事を書いてから3年弱も経ってしまいました…
    きょう日、ちびっこ吸血鬼をサポートするサイトがほぼ見当たらないわけですが、ここでは変わらずに見守っていきたいと思います。

    相当に遅ればせながら、現在の状況について。
    「ちびっこ吸血鬼」シリーズは1999年に16巻をもって刊行終了となってから、2005年から「リトルバンパイア」シリーズに移行して復刊されていましたが、前回記事から今までの3年間でまたちょっとした問題が起こっていました…
    「リトルバンパイア」13巻が2007年7月に発売されてから、まったく続刊が出ていないのです。数か月おき、ある一定の期間で刊行されていた作品が、ピタッと止まってしまったのです。
    察しがつくとおり、出版社側の打ち止めってやつみたいですね。某掲示板で見ましたが、準オフィシャル的にも、「リトルバンパイア」14巻以降の(当座の)刊行予定はない、との回答が出ているようです。それから相当年月経って本当に刊行されないわけなので、「リトルバンパイア」はもう幕引きということを受け入れなくてはならなくなっています。
    これはもう一つの重要な結果を意味します。つまり、日本では未刊行の17巻~20巻が、「リトルバンパイア」シリーズの土俵を借りて翻訳・出版される可能性がなくなった、ということです(最初からなかった、ともいえますが。超楽天主義的に考えると、17巻以降刊行に合わせて引っ張ってる?などと妄想もしてしまいます)。

    出版社が採算が合わなくなったから、ということかと簡単に想像しますが、この辺はまあビジネスでやっている以上文句はいえません。しかし、一ファンとしては、好きな作品が、引っ張り出されて改題出版されて、最後はこんなふうに扱われてしまうことには納得がいきません。
    各国の出版状況を見ても、本国ドイツのように全巻出版されている国はなかったりする、その前に、日本並みに出版されている国も珍しい、とはいえるので、仕方ないことかもしれませんが、なーんかシャクゼンとしない感は残ります。

    自分を含め、おそらく有志の方は、出版社に問い合わせなりをしてきたと思いますが、版元にはもう期待できないように思われます(望めてもオリジナル14巻~16巻を絶版にしないことくらいでしょうか?)。
    個人的には、どこかの出版社が動いてくれて、17巻以降が川西芙沙訳で出版されることを夢に描いています… そうなると、ひらいさんの絵は権利上使用できないのかなと。

    現実的な話に戻ると、「ちびっこ吸血鬼」はこのようにうやむやなかたちで終結を迎えてようとしているようです。
    ただし、今ある「ちびっこ吸血鬼」シリーズの価値、魅力が削がれる、ということはありません。一ファン、一読者としてこれからも読みこなしていき、適度にここでも紹介していこうと思っています。
    スポンサーサイト
    アリス・イン・ワンダーランド
    一アリス読者として、今公開中の表題の映画を観てきました。

    アリスその後、を物語にした映画で、いろいろと製作者の自由度をきかしてつくるのにはいい設定だったのかと思いました。(先のるろ剣しかりで)

    ディズニー系ってことで、不思議の国と鏡の国を混ぜた世界で物語は進行していきます。
    内容的には、鏡の国の設定が多くちりばめられており、「ジャバウォックの詩」に登場する怪物が実際に登場したりと、いろいろと面白く消化していると思いました。あのヤマネもまるで別人のよう。
    いうまでもなく、原作中のアリスは特別な使命感をもってワンダーランドを巡っているわけではないのですが、この映画のアリスは世界の命運を握るファンタジーの勇者さながらで、お国のために立ち上がる鎧姿は、オルレアンの少女みたいでした。
    そんなわけで、ワンダーランドを見事に映像化し、そこを自らがのぞいていく楽しみもあり、手に汗握るバトルチックな要素もふんだんにあり、なかなか映画としてはまとまっていたんじゃないかと思いました。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。