芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
    認知的一貫性について少々
    社会心理学におけるハイダーの認知的均衡理論が地味にしっくりきたので少し語ります。

    理論自体は検索すれば分かりやすい図式が出てきますが、簡単に説明します。
    『ガイド社会心理学』を参照します。
    この理論は、自分(p)、他者(o)、対象(x)の3つの要素をおき、それぞれの間の「好き/嫌い」「所有、所属」の結びつきにより、均衡・不均衡の状態を判定するものです。
    たとえば、自分pが他者oを好いていれば2者間の関係は「+」とおき、反対ならば「-」とおきます。
    このプラマイをp-o,o-x,x-pにあてはめていき、3つ関係の積がプラスであれば均衡状態、マイナスであれば不均衡状態と判定します。
    …簡単にいえば、「お互い好いている間の二人がある対象をともに好き・所有していれば均衡状態」、「犬猿の仲の二人がある対象をともに好き・嫌いであれば不均衡状態」といういうな感じです。

    この理論は、認知的一貫性、つまり人の認知的枠組みは矛盾ないように構成される、という文脈でのものであり、核心的なのは不均衡状態における3者関係の在り方です。
    不均衡状態は、主体にとって不快なものであるので、「不均衡状態においては、不快感を無くし認知的一貫性を保つため、均衡状態を回復しようと動機づけられる」、ということがこの理論の重要な点です。
    つまり、不均衡な状態では、3者間のうちのどれかの+-記号を反対のものへと変えようとする意志が生まれるわけです。
    たとえば、嫌いな人が、自分の大好きなブランド品を持っていた、あるいは、自分が好きな歌手のファンであることが分かった、というような場合、認知的一貫性を回復するために、1.相手を嫌いであるという認識を改める、2.好きなブランドや歌手を放棄する、3.相手が対象を嫌いになるように行動する、という3つの選択肢のいずれかがとられるということになります。
    何気にそんな簡単に動機づけられるものか、とも思われますが、個人的には、社会生活においてそれ相当な説得力というかカヴァー力?を持った理論であると思います。

    というのも、もちろん(苦手な人と趣味や意見があって居心地が悪いというような誰もが描く)経験上の実感ということもありますが、社会心理学上の、「単純接触効果」や「類似性魅力」といった代表的な対人関係仮説も、認知的一貫性の観点でのハイダー理論が相補するものとなるんじゃないかと思うからです。
    これらが同じ文脈や理論的意図をもっているわけではありませんが、「p、oが毎回あるところであう(ある社会的場面xへの所属に関して、双方が+)のであれば、po間は+と帰属される」、「p、oが同じものがともに好きという点で類似(ある対象xに対して双方が+)していれば、po間は+と帰属される」とハイダー理論でいえる場合、これは「単純接触効果」や「類似性魅力仮説」の一部を表象していることに他なりません。
    自分は社会心理学を修めたわけではないので、この古典理論が現在専門的にどのように扱われているのかは分かりませんが、単純理論といえるけど意外な実効力を持ち合わせた理論だなと感じた次第です。

    余談ですが、教科書的な書物には詳述されていませんでしたが、主体を動機づけるには、対象が主体にとってどのような位置づけのものなのか、また主体にとって認知的一貫性がどの程度幅を利かせているのか、ということも関数になってくるかもしれないと思います。
    素人考えでも、3者関係のうちの対象xは瑣末的・周辺的・総括的なものではなく、アイデンティティを構成する中心的なものであった方が動機づけに大きく関与するはずです。
    また、認知的一貫性がある主体においてどれほど強くあらわれるかも個体差があるのかもしれません。これは冗談ですが、高校生よりも大学生、大学生であれば理系や法学部生の方が、認知的一貫性を回復しようとする動機づけが強くなる、のかもしれないというようなことです。
    スポンサーサイト
    大観と栖鳳―東西の日本画― 山種美術館


    渋谷区広尾に移転し、新しくオープンした山種美術館の企画展『大観と栖鳳―東西の日本画―』に行ってきました。
    前の美術館が展示室に統一感があまりなかったのに比べて、さすがに新美術館は広く、見やすくつくられていました。立派なカフェ、ミュージアムショップも併設。
    恵比寿駅から少々歩かなくてはならないのがネックかもしれませんが、前も九段下駅から結構歩いたし、渋谷・新宿に近くなったので個人的には問題なしです。

    新美術館開館を記念する特別展がすでに開かれてきましたが、今回の『大観と栖鳳―東西の日本画―』は、その3回目になります。
    東西の大御所的存在である大観と栖鳳にスポットをあて、彼らの弟子の作品まで含めた、東西画壇の比較、それぞれのヴァリエーションが展覧会の主題になっています。
    個人的には栖鳳に興味があるので、西方を注目して見てきました。

    両者を見比べると、大観周辺と栖鳳・直系弟子の作風の違いが決定的に現れてきますね。
    栖鳳や西村五雲、西山翠嶂などは、写生を重んじる四条派らしく、特に動きのある動物を描く際は、線の流し方・つぎ方が直線的・一筆書きではなく、色の塗り方も色の重なりが分かるような生き生きとしたものになっています。栖鳳は、建物など物体を描く際も、東方のように箱形ではなく、味のある線でそれを描いてます。
    押し並べて言えば、スケッチ的に絵を描いている感じです。それなので、見る人によっては、東京画壇の方が絵として完成している、堂々としている、と見えるかもしれません。
    ただ、このような描き方でも、一匹の猫を描いただけの「班猫」で、他にひけをとらない存在感をつくることもできてしまうわけです。鋭い観察眼と表現力のおかげなのでしょう。

    山種美術館は頻繁に行くわけでもないし、行っても作品が小出しされている感があったので、これからは機会にいって、広くなった展示室で作品をたくさん見れるといいです。
    等伯展
    国立博物館平成館での長谷川等伯展にいってきました。

    予想はしていた通りですが、かなりの混雑でした。
    ロッカーに荷物いれようにも空きロッカーが見つからない、というロッカー難民状態を経験したほどです。
    混雑がひどく、体力的にも前列まで見ることがかなわなかったし、等伯については良く知らないこともあるので、今回は軽く感想をつづっておくだけにします。


    没後400年を記念した回顧展ということで、傍目からみてもすごいクオリティーだなと思いました。
    等伯という画家のイメージはほとんど持っていなかったので、見る作品ごとに等伯の見方がかわっていく、というような印象を受けました。
    初期の仏画の多さも驚きましたし、さまざまな画家・様式を学びそれを体現した作品群には画家の並々ならない意気込みが伝わってきました。
    これが同じ画家が描いた絵なのか?と疑いたくなるほど、それぞれの様式をお手のものとして操っているな、と思いました。
    そして、目玉となる松林図屏風がくるわけです。
    先日放送された『美の巨人』の紹介に、類似した作品が見当たらない、とありましたが、個人的にもそう思いました。同じ場所で、あれだけのヴァリエーションを見せられたあとにまた「松林図」ときては、等伯という画家が何ともつかみにくい人物だとお手あげ状態となってしまいました。
    作品を観る前は、もっと淡く、たらしこみのような感じの筆致でかかれたものと思っていました。作者不明「月下松林図屏風」という、実物よりもより幻想的な参考作品の方が持っていたイメージに近かったです。
    しかし、(初めて見た人は一様に感じたのではないかと思いますが、)等伯「松林図」は、そのようなイメージとは大分異なっていて、強く、荒々しく、そして簡潔に描かれていました。
    美の巨人では、これが下絵として描かれたもの(という可能性がある)、ということも知りましたが、この「下絵」に至る下絵・習作がもっと見つかるべき、と後から感じるほど、迷いなく、確信をもって描かれていると思いました。


    次は京都ですね。
    かなりの関心を集めている展覧会ですので、京都も終わりまで盛況となるんだろうと思います。
    エネル美術館が既に開館済み!



    自分もちょっと前に確認したのですが、長い間、改修のため閉館していたパリのエネル美術館(musée national Jean-Jacques Henner)が再オープンしていました!
    ちょっと確認を怠っていた間に、改修が終わっていてびっくりです。

    新サイトはこちらになります!

    2009年11月7日に再オープンしたようです。
    2007年には2008年秋再オープンといっていたから、中間の見通しより1年はずれ込んだわけですね。
    ともかく、これでパリに行く目的がひとつできました。
    あとはエベール美術館ですね。こちらはまだ延々と改修工事しているんでしょうか?
    エネル作品は、美術館閉館中もロマン派美術館の展覧会で見ることができたので、エベール作品は特に待ち遠しい。

    学生時代は、閉ざされた扉の前で眺めるだけだった建物のなかへ入れる日を夢見て、実生活をやりくりしていきたいと思います。
    鏑木清方記念美術館について


    少し前になりますが、鎌倉に行きました。
    ついでに、美人画の大家、鏑木清方の旧居を美術館とした、記念美術館に寄ってきました。
    にぎわいのある小町通りをまっすぐいって、通りの端をひとつ外れたところに建っています。

    行く前はひなびた感じの美術館なのかな、と勝手に思っていましたが、門からして趣があり、建物・内装は新しく美術館として整備されいる、といった感じでした。
    資料展示や視聴覚コーナー、ショップ、などいろいろ充実していました。
    お庭もあり、ゆったりとできます。


    実は、自分はここには「朝涼」という清方の有名作品が常設されていると思っていて、かなりわくわくした気分でいったのですが…
    企画展のときは、常設展示のような位置づけのものはやっていないようで(というより企画展オンリーなんですね)、朝涼以下、当館所蔵の代表作を見ることはできませんでした!
    本当に残念でした。
    ただ、企画展では肖像画や歴史人物画で力のこもった作品を見ることができました。また、素描などの展示も行っていました。

    鎌倉は食べ物やカフェが発達していて、また足を伸ばしてみたい街です。
    次は、きちんと展示内容を確認して、「朝涼」見てこようと思いました。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。