芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • syrup16g syrup16g


    syrup16gの最後のアルバム。
    このアルバムがリリースされてちょっとして武道館ライブをしてバンドは解散してます。

    個人的には、シロップの中では、一番に聞いているアルバムです。
    シロップの曲の中には、ライトリスナー向けとしてはあまり馴染まないというか、メロディーラインが弱いような曲がいくつかあるように思いますが、このアルバムは、そういう意味では、スローテンポ・アコースティック・美メロなどの要素のある曲が多めで、聴きやすいのかなと思います。
    加えて、それまでのシロップの歌詞にあるような、陰鬱でダウナー系の印象からも外れる、ある種の意思・主体性が感じ取れる歌詞も魅力だと思います。もちろん、それまでの歌詞の世界も、今の時代のリアリティを独自の視点で提示しており、鋭く喉元に迫るようなインパクトがありますが、このアルバムはそのリアリティを放置気味に描き出すだけではなく肯定的に受け止めていこうとする力が自分には感じられます。

    歌詞、メロディともに気に入っているのが、「さくら」、「バナナの皮」、「イマジネーション」、「夢からさめてしまわぬように」です。
    最初にバナナを聴いた時はシロップのイメージが変わりましたね。
    最後のアルバムで新たな側面を見せてくれて、今振り返っても解散が惜しまれるバンドですが、このアルバムを一通り聞くと、解散までの流れも納得できるというか。。
    仕事で車を運転しますが、車内でよく聴いてたりします。
    最後にちょっと、上で挙げた歌詞の一部を載せてみます。

    「さくら」
    すべてを失くしてからは ありがとうと思えた
    これはこれで青春映画だったよ 俺たちの

    「バナナの皮」
    条件はいらないよ この一瞬に全部捧げて
    後悔など無かったって 笑って言えるなら それが最高じゃん

    「イマジネーション」
    成功するのがすべてとは 今でも思っていないけど
    守るため強くなる 必要はあるんじゃないか

    「夢からさめてしまわぬように」
    苦しまないで 後悔などしないで
    みんな何事もない日々が当たり前なんて思ってないから


    Thanks to TBL
    スポンサーサイト
    紙染め
    紙を染めるということは、自分は実際あまりしませんが、画面を全部塗りつぶさず、紙の色・余白を生かしたいというときには効果的です。
    紙のそのままの白というのは、絵の余白になると明度がありすぎて落ち着かないときがあります。そのようなときは紙を染めたり、色つきの紙(マーメイド紙とか)を使って絵の雰囲気をよりソフトに、上品に、完成度あるものにすることができます。

    ここでは、キツネ色、褐色系統に染められる、紅茶、コーヒー染めを見てみたいと思います。

    1.紅茶染め
    一般的なのが紅茶で染める方法だと思います。
    色がコーヒーと比べ、品があり、やわらかな感じに染まります。
    なかなか色がつきにくいので、用途に応じて、数回重ね染めをする必要があります。
    下のピクチュアは3、4回重ねています(色合いは伝わらないと思いますが)。
    紅茶を、濃く抽出すること、多く抽出することが求められますので、ティーバッグを使う方が経済的ですね。
    ただし、コーヒーを淹れるよりも簡単なので、きれいに、均一に大画面を染めたいときはいいです。
    水分を多量に紙に振りかけるため、水張りは必須です。




    2.コーヒー染め
    コーヒー染めもできますが、全体を均一にそめたりするのには向かいない、色合いがあまり気に入らない、のかなということで個人的にはあんまりしません。
    コーヒーはそのまま絵の具みたいに使うことの方があります。色が付きやすので、染物よりも普通に水彩っぽく使った方がいいかもしれないですね。
    下は実験的に染めてみたものです。アンティーク調にするのにはいいかなと。意図的にしみっぽくムラを付けています。

    Camera


    ちょっと前にカメラ買い替えました。
    オートでとってもOK、ホワイトバランスや絞り値などの設定も細かくいじれるマニュアル系デジカメ、ってことで探して、キャノンのs90を今回選びました。
    前回のフジがあまりあわなかったので、満足な買い替えになったと思います。
    あえて挙げれば、マクロとホールド感がいまいちですが。それと、フラッシュが急に出入りするところも慣れないと危ない。
    あと自分のは液晶にちょっとムラがあるのが気になる…

    s90を手にとって、いろいろとカメラの撮り方に興味をもったので、もっと分かってきて、写真をとる機会が増えたら(…あんまり可能性ないなあ)、マイクロ一眼みたいなものにものってみたいなあと。
    今は、コンパクトデジカメだから街角でもカフェでもさっと撮れる、ってのが良いんですけどね。

    更新も、月数回で展覧会感想だけになってしまっているので、軽く写真もいれて盛り上げて?いこうかなあと思ってます。