芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
    フランス絵画の19世紀 横浜美術館


    19世紀フランスのアカデミスム絵画にスポットをあてる稀有な展覧会です。
    個人的にはまさに願ったり、という展覧会でして、開催を知ったときは驚きました。
    フランスの小さな美術館までいって見てきた絵と思いがけなく再会したりと、ちょっと感動…、な展開もありました。

    本展は、「島根県立美術館開館10周年、横浜美術館開館20周年および横浜開港150周年を記念して開催」されるもので、島根と横浜のみの巡回となります。
    かなり久しぶりに横浜まで行きましたが、開放的で、買い物や食事するのにもクオリティがあり、良い街だなあと思いました。西欧様式な横浜美術館も、堂々と、また広々としていて良い美術館でした。


    フランスのアカデミスムを概観することのできる本展は、4章構成でアカデミスムの歴史を振り返ることのできる内容になっています。
    ダヴィドやアングルによる新古典主義の確立から始まり、アカデミスムを第一世代から第三世代に区分けしそれぞれの時代のアカデミスムを探ります。ロマン主義や自然主義、印象主義の作品と対比させながらアカデミスムの様式の変遷を辿る、というように展示の幅、バラエティがあるのも工夫されている点だと思います。
    [フランス絵画の19世紀 横浜美術館]の続きを読む
    スポンサーサイト
    日本の美術館名品展 東京都美術館


    日本全国の美術館のとっておきの名品を集めた、豪華な展覧会です。
    またもや書くのが遅れてしまって、ライブ感ゼロなレヴューになりますが、簡単に流れ(とはいっても西洋絵画のところメイン)をなぞってみたいと思います。

    展覧会は、西洋絵画・日本の絵画という風に大分されており、後者は、日本画・洋画・版画・工芸というようにセクション付けされていました。

    ○西洋絵画
    ドーミエのドンキホーテに取材した小品から始まりますが、この作品は、2者のシルエットを上手く捉え、落ち着き払って気品ある画面に仕上げられています。
    郡山美術館のバーン=ジョーンズの「フローラ」は、綿密につくられた秀作です。一見して、衣服や、草花など相当な作りこみですね。草などは一枚一枚盛り上げて表現されています。
     点・線描の特徴的な作品が髣髴されるセガンティーニですが、ふくやま美術館の「婦人像」は初期のクラシカルな手法で描かれた珍しい?絵です。こういうのが見られるのが本展覧会のいい所ですね。老女の表情の表現に重きがいっており、周りはややぼかし気味に描かれています。セガンティーニの20代の作品ですが、彼の力量を存分に伝える絵です。
     ピサロは、彼の主要な制作場所であったエラニーでの絵が2点きています。埼玉県立近代美術館の「エラニーの牛を追う娘」は綿密にタッチが重ねられた作品であり、全体をつつむ柔らかい光の表現に長けています。
     ボナールの「アンドレ・ボナール嬢」は、プッシュされている作品だけに、西洋画セクションの中でも存在感あります。ボナールの作品を体系的に知らず、機会機会に見てきたものとすると、ボナールの絵は構図がすっきりせず、ごちゃってるイメージと、色彩的に落ち着かないイメージがありますが、この作品は構図・色彩ともにまとまった作品です。かなり縦長な画面ですが、スカートの流れや背景、そしてイヌが手伝って、動きと広がりを保持した作品になってます。パッチワーク的な背景も装飾的に成功しています。

    ○その他
    アンディ・ウォーホールの作品を初めて現物で見ましたね。大胆な作品で、いろいろとアクセントの効いた作品です。

    日本の画家では、浅井忠、小磯良平、小茂田青樹、横山大観、横山操あたりが気になりました。
    初期の油絵では荒削りな作品が目立つ中、小磯良平の作品(「着物の女」)は描き慣れているというか、油彩の表現性を熟知している感じに見受けました。迷いなく筆をおいて、スマートにものを表現しているな、と思いました。
    横山操の作品にはいつも驚かされますが、「朔原」も金・銀・黒・赤が織り成す強烈な作品です。
    竹内栖鳳「絵になる最初」は前期展示で見ることができず。「散華」は、天女の人体デッサンがあまり整っていません。天井画の下絵という位置づけの作品のようですが、栖鳳の作品としては不思議な一枚だと思いました。
    彫刻では、橋本平八のネコの銅像はネコを解剖学的に相当研究した作品で感心しました。立派な肉付きのネコが表現されています。
    La musique de i pod


    ちょっと前になるけど、ついに i pod 買ってしまいました。
    野外では音楽を聴かない・イヤフォンを通して音楽を聴かない、ってのがあって、デジタルオーディオプレイヤの類は買わないつもりで大学生活からきていた身なんですが、そういっていると社会人になると音楽を聴く時間がなくなっていたので。
    通勤時間や休み時間に聴く時間はあるし、何よりも気分転換に最高ですね。

    持ち運びに便利な nano を買おうかと思っていたけど、容量の問題で classic を買いました。
    こんなに大容量だと、アルバム200枚程度を高音質でいれてもびくともしない、ってのが素晴らしい!

    あと、イヤフォンですが、耳栓型のイヤフォンは合わないので、オーバーヘッド型でもって携帯性・密閉性があるヘッドフォンを買いました(型は古いけどAKGの414Pです)。
    ヘッドフォンは、通勤や職場で使うのなら、携帯に便利なのと、他人の視線的にあんまり目立たないのがベターって感じですね。
    ヘッドフォンは本チャン用でもう一個買いたいなあ、とは思っていますが、初心者視点では、音がこもっていない、つまり音がクリア・ヴィヴィド・シャープに聴こえるのがいいのかな、と感じてます。
    popやrock系統の音楽を聴くならある程度は許容されるけど、アコースティック楽器やヴォーカルで聴かせる音楽は、音がこもってる・遠くから聴こえるのは、うーん…、という感じですよね。
    高低のバランスも大切だけど、イコライザ設定もあることを考えると、音の鳴り方、通り方に重きを置きたいです。
    ヘッドフォンの良さもありますが、デジタルオーディオに移行すると、(もとの)音源の質の良さ、がかなりのウエイトを占める、ってもの実感しております。
    使い始めたばっかなんで、いろいろ試してベストな環境でつかいこなせたらいいなーと。

    無効の日
    田舎で暮らしてるから世の中の会社の異動についてなんか知らないけれど、うちの会社は7月1日が異動日になってます。ということで6月末の営業日が、異動する人とは一緒に仕事する最後の日になります。
    今回の異動で、一番お世話になった人が異動ということで、ここ数週間はけっこうフラふいてました。
    こんなことを書くようなブログにはしていないつもりだけど、今日は整理のつもりで書いておこうと。

    信頼関係において仕事ができるのがベスト、っていう考えを個人的にしているけれど、会社の中で唯一そのように仕事ができた人でした。それに、本音で話しかけられる数少ない人でもありました。
    新入社員で入って、2ヶ月ほどつきっきりで教えてもらって、その後も分からないことは全部教えてもらって、すごく頼もしかったし、尊敬していたんですね。
    他の人は、あんまり聞くと煙たがられたり、突き放されたりしたけれど、その人は聞きにいっても絶対「今は待って」とか「他の人に」とかいわなかった。一番忙しい人で遅くまでサビ残してもやってる人なんですけどね。
    年齢や学歴がどうのこうのとかじゃなくて、普通に同じ目線で接してくれた。おまけに仕事がキツいときは手伝ってくれたり…・。
    っていう風に新入社員で、立場的にも不安定な自分にとって、オーバーかもしれないけれど、その人がいるから続けられてこれたってくらいに支えにしてたんです。…まったく依存症の気がありますねえ。

    いってしまうのは寂しいけれど、自分としては絶対残ってもらいたい、という風にも思ってなくて、その人にとっては(異動するのなら異動で)よかったんだろうな、と考えてみたりね。
    明らかにこの職場の環境は悪いし、その人を含めた少数に負荷がかかりすぎているし。
    職種も県も違うとこで活躍できる場があるなら、そこで頑張ってもらいたいなあと、生意気だけど思うわけですよ。

    やっぱり、仕事は業務内容じゃなくて、人だなあーってつくづく思う。自分はその「人だなあー」って思われる側では決してないけれど、尊敬できて一際頑張っている人のそばで仕事できたらと思う。
    うちのようなクソ会社だと、タバコすって、コンビニか銀行にいって、ネットして、家族と電話して、休み時間延長して、長トイレいって、その時間でもって残業をMAX申請してるような先輩殿がいるわけなんですね。で、そういう人が結構いい金もらって、しかも一番仕事してるってパフォしている。新入社員時代の俺が3,4時間でやる仕事、師匠?なら、やってる感じを出さずにやってしまってる仕事を、一日かかりでやってるとかいう始末ですよ。
    やっぱりそういうような人とは、(その人が全部が悪い点ばかりじゃないのは分かってるけれど)一緒に仕事はしたくないし、関わりたくないと思ってしまう…。そういうのは駄目なんだって、複数の人から言われて理解はしてるけど、やっぱし、駄目なんですね。自分はかなり感情的な面で仕事してるんですね。

    ってことで、信頼をもって(一方的だったかね?)仕事ができた人の存在は、普段は意識はしてなかったけど、底の部分で原動力になっていたんだと思います。
    その人とは異動後は、今までのように毎日顔を合わすことはなくなるし、多分一生同じ職場で働くこともないだろうとは思うけど、必要なときに話せる関係でいたいなあーと思ってます。

    問題は…、実際的な問題は、明日からどうしようか、ってことですね。
    絶対今までのこころもちでは仕事はできないってのは明らかなんで。
    これはここに書くことじゃないですね。明日出社してから感じてみないと全くわからない。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。