芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • 『カシタンカ』チェーホフ


    未知谷,2004
    ナターリャ・デェミードヴァ/絵
    児玉宏子/訳

    キツネそっくりの犬・カシタンカの短い冒険?を描いた、チェーホフによる短編小説です。
    チェーホフの没後100年を記念に出版されたメモリアルな一冊でもあり、訳、挿絵ともに新たにつくられています。
    短編ということ、題材も動物ということで、本当にさらっと読めてしまいますが、読み終えた後は、何ともいえない気持ちに包ませる問題提起をはらんだ作品だと思います。
    クラシカルだけど、キュートな挿絵で、ともすれば児童向けのような本にも見えてしまいますが、内容は実に大人な感じですね。
    カシタンカが見る人間の世界、動物たちの世界、そして何よりも犬であるカシタンカ自身にその断片が内包されています。
    チェーホフの作品というよりも、この時代のロシアの文学にはまったく疎い身ですが、これをきっかけに、このような手に取りやすい作品から触れていこうかなと、興味をおぼえるきっかけにもなりました。
    褐色のトーンで、陰を上手く画面に配し、それを心理的な表現まで持ってきている挿絵も素晴らしく、文と絵とで一冊の作品としての完成度を見せています。


    以下本書を読み終えた人向けに書きますので、ネタバレ満載です。
    [『カシタンカ』チェーホフ]の続きを読む
    スポンサーサイト