芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
    ヴィルヘルム・ハンマースホイ 国立西洋美術館


    デンマークを代表する画家、ヴィルヘルム・ハンマースホイ(1864-1916)の回顧展です。ハンマースホイは、コペンハーゲンで生まれ、コペンハーゲン王立美術アカデミーにて学んだ後は、アカデミーとは離れ活動した画家であり、国内よりも国外での評価を得た画家であるようです。ただし、没後はその名声も忘れ去れ、再評価が始まったのは最近だそうで、僕もこの展覧会を知る前は、名前も作品も頭にありませんでした(「オルセー展」などで作品を見た機会はあるはずなのに…)。いつも行っているような展覧会とは違った趣の展覧会であり、新鮮な気持ちで絵を見ることができる機会にもなりました。

    展覧会に行く前は、ポスター、リーフレットでメインに使われている「背を向けた若い女性のいる室内」(上図)をさらっと見た限りで、ハンマースホイは、古典的に筆致を少なく、細やかに仕上げる画家なのかな、とイメージしていました。しかし実際はそんなことはなく、筆の動きを感じさせる、スマートながら温かみのある絵が多く展示されていました。
    服や壁など、さらりと筆を流しても良いところでも、いくつかのタッチでアクセントがつけられており、線的、点的でもあるような特徴的なタッチを画面の中に多く見つけることができます。ハンマースホイの絵は、筆さばきや絵具ののせ方などが見えてくる絵であり、絵のつくり方からも鑑賞が楽しめると思います。特に、このような絵肌の質感は、空間背景や空で際立っており、例えば、雲が陰影・濃淡で仄かに表されるような、微妙な背景処理を見せてくれます。

    また、ハンマースホイの絵の魅力は、空間(画面)の構成の仕方にもあると思います。人物画あるいは、ストランゲーゼ30番地のように繰り返し扱われる主題にも、背景の構成、室内の切り取り方、女性(イーダ)や家具の配置で、奇をてらわず、またごちゃごちゃしない、落ち着いた画面構成を認めることができます。ハンマースホイは、大きなキャンヴァスに描いて、適当な大きさに切り取るという制作方法をとっていたようですが、これは彼が空間の広がり、見せ方についてかなり気を配っていたという証でしょう。会場で解説されていたように絵の周りの絵具の縁取り、また未完成で残っている「自画像」などからこのような方法は分かります。さらに、絵が過剰に引き伸ばされて、木枠に張られて歪んでいるものも、この制作方法によるものではないかと想像します。

    最後に、光の表現とも密接に関わりますが、ハンマースホイの色彩感覚にひきつけられました。会場を一望しても一目瞭然ですが、ハンマースホイは色彩をそぎ落としていって、モノトーンな色の世界を志向しています。同時代の画家の作品を見ると、その絵でさえ色数は多くないのに、ハンマースホイの絵を見た後では色彩をやけに感じてしまう、という感じです。モノラルな色彩表現は、ハンマースホイにシンボリスムの面を見出す一因でもありますが、画集のインタヴューを見ると、やはり、彼が色の少ない絵に価値を見出し、自覚的に中間色の表現を高めていっている面がうかがえます。少ない主題で多くの作品を生み出しながら、これだけ作品が魅力的に映るのは、それぞれに微妙で繊細な灰色の色彩表現があるからだと思います。

    上でもいったように、日常とは違った絵画の世界を味わえる、心が洗われるような展覧会でした。画題は少なく、繰り返し描かれているため、ともすれば単調に思われるかもしれませんが、ハンマースホイには、絵の中にある人物、調度品、家具などのひとつひとつが必然性をもって描かれているような、親密で象徴的であるような美、があると思いました。
    自分もあんな部屋に住んで絵画制作をしてみたいと思うこの頃です。



    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。