芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
    大正シック 東京都庭園美術館


    ホノルル美術館の日本美術コレクションを集めての展覧会。
    今展は大正から昭和初期の日本美術を紹介するもので、庭園美術館という建物もあいまって、とても「大正シック」というにふさわしい展覧会だったと思います。
    出品作品もヴァラエティがあり、絵画では障屏画から木版画まで大小さまざまな作品、工芸でもテキスタイル、硝子、皿や籠などいろいろな種類のものが見られます。

    ここで見られる大正期の絵画は、江戸時代までの伝統が崩れ、西洋様式との混合がますます進み、画題もより身近なものへと変化しています。それによって、今まで描かれなかった、洋服やメカニカルなものが画面へと進出し、新奇な対照をつくっています。
    このような画題や様式の斬新さは、今見ても楽しめるものであり、日本史の資料集などでは紹介されない、当時の美術のリアリティが良く伝わってきます。

    東京展はもう終わりですが、これから各地を巡回するので、近代日本美術に興味がある人は、またとない機会なので行かれることをおすすめします。


    ■中村大三郎 「婦女」(上図)
    彼の作品は、少し見たことがあったのですが、この「婦女」は大作で、かなりの完成度を持った作品で、改めて彼の技量を知りました。仕上がりの綺麗さは文句のつけ所がありません。ソファの花の柄にしても、クッションの薄い絹のひだにしても、筆致が完成されていて近寄って見てもあまり意味のない感じです。着物の朱色の発色、グラディエーションの綺麗さも魅力です。下絵もあわせて展示しています。

    ■山川秀峰 「鷺娘」
    近代日本画壇の中で、もっとも僕が注目する画家。「鷺娘」は歌舞伎舞踊からの題材。さらりと書かれた絵ですが、女性のはかなさ、美しさが良く表現されていると思います。

    ■別役月乃 「七夕」
    北野恒富の弟子の女流画家。井戸に身をかがめる少女と、髪を洗う女性が俯瞰構図で描かれています。面白いのは、二人とも顔を見せず、表情をうかがい知ることができない人物構成。個人的には展覧会のなかでも一番の印象に残った作品です。黒髪の表現や、帯びの銀箔など、直接見て欲しい作品。

    ■華風 「浜辺の二少女」
    姓名など不詳の画家。輪郭のぼやけた優しい人物表現がなされていて、異彩を放つ作品。日本、西洋文化の混合・対比が見て取れ、名の残っていない画家の作品ですが、まさにこの展覧会にふさわしい作品かもしれません。

    ■柿内青葉 「美人」
    鏑木清方の弟子の女流画家。西洋のデッサンを用いて、日本女性が日本画で描かれています。このような人物に写実性を取り入れた日本画は、西洋と日本美術のただの折衷ともいえない、独特の魅力があり、僕が近代の日本画に注目しているところでもあります。もうひとつの出品作である「夏の夕べ」も、写実的な絵ですが、仕上げ方が異なり、両方を比較して見ると興味深いと思います。僕は図録を見て、同じ作者だと気付きました…。

    ■榎本千花俊 「銀嶺」(下図)
    鏑木清方の弟子。スキーウェアを着た女性を描いた作品。スキーウェアの微妙な色使い、サンバイザーや細やかな模様の手袋の表現、雪を連想させる背景の細かな銀箔など、これも直接見て楽しまなければいけない作品だと思います。



    スポンサーサイト
    フランス印象派・新印象派展&ヴィクトリア朝絵画展  松岡美術館


    二度目の松岡美術館です。フランス印象派・新印象派展とヴィクトリア朝絵画展という趣味の合う展覧会が同時にやっているので行ってきました。
    展示室ひとつずつの展覧会で、作品数こそないですが、ゆったり作品を見られたので良かったです。
    会期は9月2日までと、長いので余裕を持って行けるかと思います。
    以下、気になった画家を挙げてみます。


    ○フランス印象派・新印象派展
    ■ウジェーヌ・ブーダン
    海洋画を多く手がける画家ですが、大気、雲の表現が面白い画家でもあります。特に、「夕日の当たる池」は、雲の厚み、仄暗い湿地の情景が見事な明暗で描かれています。

    ■カミーユ・ピサロ
    やはり、なんでもこなせる画家で、出品されている3点を見てもそれは明らか。印象主義でも点描でも、マネ風にも、バルビゾン派風にも描ける。特に、花卉画は、重厚感があり落ち着きのある絵です。

    ■アンリ・マルタン
    セガンティーニに感銘を受けた画家のようで、3作品が出品されています。それぞれ点描タッチで山脈、断崖、教会が描かれています。点描といっても目まぐるしいタイルのようなものでなく、中間色を上手く用いていて、うるささを感じさせないまとまりを見せています。3枚とも、大気や光の色を感じさせる上手い絵です。さらに、空や水の流れには点描を用いず、ストロークタッチを用いているのも、自然であり良いと思います。


    ○ヴィクトリア朝絵画展
    ■ミレイ「聖テレジアの少女時代」(1893)(最上図)
    晩年期の作品。背景の構図、処理とも簡単に、淡く済ませていますが、対照的に人物はしっかりと描かれています。

    ■エドワード・ジョン・ポインター「小さな災難」
    ポインターは、ミレイの後のロイヤル・アカデミー院長とのこと。一見して、とても丁寧な仕上がりの絵です。木々、水面、岩の質感をそれぞれ細やかに描き分けています。各人物の表現もとても動態的であり、一瞬の動きを捉えています。

    ■リーダー「北ウェールズの穏やかな午後」
    ロイヤル・アカデミー正会員、フランスでレジオン・ドヌール勲章受勲という肩書きに見合う、かなり技術を持った画家。ラファエル前派に影響を受けたらしいが、相当細かく植物を描いています。この作品を仕上げる技術と精神力に脱帽。

    ■ブーグロー「編み物をする少女」
    日本ではほぼ見られないブーグロー(!)。タイトル通り、編み物をする少女が描かれていますが、編み物を持つ手元に少女の目線を持ってこず、少し外して見者の方を向かせています。視線の強さ、光の当て方など上手く緊張感が演出された絵です。
    スネオヘアー 『カナシミ』


    スネオヘアーは名前は聞いたことがあったけれど、実際にきちんと聞いたのはアニメ・ハチクロのEDからです。そのとき、アニメを見終わって流れる曲がしっくりきて、好感をもちました。
    そういうことで、4thアルバムである『カナシミ』が初めて聞いたアルバムですが、印象としては、かなりロックなアーティストなんだなあ、ということ。ハチクロEDのイメージやソロであることから結構ポップな面を想像していましたが、この辺は違いました。
    ボーカルの独特さや強さで押すアーティストではないし、メロディーラインも比較的弱めなので、聴いたあとメロディが鮮烈に頭に残るような感じではないかと思います。しかし、作詞の良さと曲の完成度の高さ、というのははっきり伝わってくるので、アルバムとして全体を聴くことができる点はおすすめできるところです。このアルバムでは、全曲セルフプロデュースというのを止め、半分は外部プロデューサーを使っているというのも関係していると思います。
    「ワルツ」「悲しみロックフェスティバル」「NO.1」などは、やはりこのアルバムの目玉だと思います。それと、ポップなデュオ曲である「happy end」や、流れの良いメロディをハスキーボイスで歌う「クーペ」も、趣向的に面白いと思います。とにかく内容の濃いアルバムです。

    merci a M.selma
    大回顧展モネ  国立新美術館


    2ヶ月ぶりの展覧会に行ってきました。大分久しぶり、という感じです。
    今回は、印象派の第一人者、クロード・モネの回顧展を、国立新美術館の開館記念として開催する、ということで、確かに質・量ともそろった展覧会でした。
    人が多く、作品も多く、疲れます…。

    モネの作品は97点あり、日本各地の美術館、その他法人所蔵の作品と、オルセーなどをメインとする世界の美術館の作品が集まっています。一度見たことがあるものもありましたが、ほとんど見る機会がないだろうという、個人、法人所蔵の作品が見られたのは良かったです。
    また、モネ展ですが、彼の影響が認められる近現代画家の作品も多数展示されています。中には、賛否を呼びそうなものもありますが、展覧会に潤いを与えるものとして楽しめました。

    構成は、ほとんど、画題、シリーズを中心に構成していて、とても見やすかったと思います。
    見終えて、やはりモネの色彩感覚と表現に脱帽しました。明るい色調でも暗い色調でも、本当に素晴らしい色の表現ができる、というはすごいです。
    以下、各章一つ二つに絞って気に入った作品を挙げます。
    [大回顧展モネ  国立新美術館]の続きを読む
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。