芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • 「リトルバンパイア」登場。


    心のベスト10、第1位はこんな小説、である「ちびっこ吸血鬼」シリーズが「リトルバンパイア」と改題して、2006年から復刊しているようです。
    いや、かなりふいうちでした。まさか、今になって再出版するということに加え、タイトルの変更があったわけですから。
    原本はまだ手にとって確認していませんが、特徴や変更点は、以下の点です。


    ・「ちびっこ吸血鬼」から「リトルバンパイア」に改題。
    確かに、ドイツ語から英語に直して表記すれば、「リトルバンパイア」なんだけど、趣がなくなったような気がします。「ちびっこ吸血鬼」っていい訳だっただけに少し違和感が。

    ・各巻のタイトルが変更。
    例えば、1~5巻までは以下のようになっています。
    1巻 「ちびっこ吸血鬼はミステリーがお好き」→「リュディガーとアントン」
    2巻 「ちびっこ吸血鬼のひっこしそうどう」→「地下室のかんおけ」
    3巻 「ちびっこ吸血鬼のあぶない変身旅行」→「きけんな列車流行」
    4巻 「ちびっこ吸血鬼のかいぶつ農場」→「モンスターの巣くつ」
    5巻 「ちびっこ吸血鬼のロマンスなおとしごろ」→「魅惑のオルガ」
    などと、「ちびっこ吸血鬼~」という構造をとらず、また旧ヴァージョンのタイトルとも異なったタイトルを付しています。昔のお茶目なタイトルが、シンプルなものになりました。
    ここでは特に1巻、5巻とか。ドイツ語のオリジナルに忠実になったのか、と思えばそうではなく、ともに直訳していません。むしろ、「ちびっこ吸血鬼~」となっている旧版の方がオリジナルに近い。長いのを短くしたという感があります。

    ・旧版の人物イラストはそのままに、表紙背景は変更。
    バンパイアというイメージを先行するためか、旧の明るい背景イラストが、暗い、吸血鬼に沿ったイラストに差し替えられています。旧版のカラフルなそれぞれに個性があった背景イラストが、暗いダークネスな背景イラストになってしまいました。人物のイラストは保ったものの、僕としては少し残念。

    ・A6版からB6版になり、ソフトカバーになった。
    コンパクトになったということですね。値段も少し下がっています。

    ・タイトルのところと関わりますが、新版はタイトル字体が統一されている。
    旧版のタイトル文字はそれぞれ独自の面白い字体をしていましたが、新版ではこれがすべて同じ自体に統一されています。


    以上が主な変更点です。本文訳が改められているかは今のところ不明ですが、そのような情報がない以上、タイトルの「ちびっこ吸血鬼→リトルバンパイア」などといった用語変更くらいに留まっていると思われます。
    しかし表紙を見るだけで、結構な変更が加えられていて、それが少し僕としては少しばかり気に入らないところが多いです。
    やはり、昔の方が、と思ってしまうのは僕の性ですが、それでもグラフィック的に純粋に趣が失われているような気がします。
    しかし、物語として「ちびっこ吸血鬼」が広まってくれるのは良いことだと思います。

    ということで、「ちびっこ吸血鬼」は「リトルバンパイア」としてリニュウアルしましたが、残された問題があります。
    それはドイツ語のオリジナル版の17,18巻の扱いです。日本語版は16巻で完結していますが、オリジナルでは17,18巻と続いています。この未訳分はどうなるのでしょうか。「リトルバンパイア」も「ちびっこ吸血鬼」を踏襲し、16巻で完結するのか、17,18巻も訳して出してくれるのか。
    おそらく、16巻完結だとは思いますが、いつかは17巻以降も日本語版、川西芙沙訳、ひらいたかこ絵で読みたい。これが、「ちびっこ吸血鬼」シリーズとして出てくれればいうことありません。

    前も書きましたが、これから確実に入手困難になる「ちびっこ吸血鬼」16巻を買っておきたい、家において眺めたいと思う今日このごろ。

    ・関連レヴュー「ちびっこ吸血鬼」シリーズ
    スポンサーサイト
    ギャグ受容の問題
    [ギャグ受容の問題]の続きを読む
    un deux trois SHOOT IT OUT!! なぜならグロッソは真打だ そして冷静 さらにさらにこれが 見たこともないファンキーブリーフ
    Che bello! やったー!
    イタリア対フランス、PK戦までもつれましたがイタリアが勝利!!
    イタリア優勝!!!

    [un deux trois SHOOT IT OUT!! なぜならグロッソは真打だ そして冷静 さらにさらにこれが 見たこともないファンキーブリーフ]の続きを読む
    CARPENTERS as time goes by


    ご存知、未だ世界を魅了し続ける、リチャードとカレンの兄妹デュオ、カーペンターズ。
    1983年にカレンが死去し活動は止まりますが、兄のリチャードは、残された音源をまとめて、いくつかアルバムを制作しています。この「as time goes by」は、(おそらく)その最後となるアルバム。
    デモ、アウトテイク、テレビ・スペシャル、ライヴなどから音源がとられていて、リチャードが聴き応えある作品に仕上げています。

    メドレーが多く収録されています。
    カレン単独のもあれば、エラ・フィッツジェラルドやペリー・コモとの競演によるメドレーもあります。カレン/エラ・メドレーは良くできていると思います。
    それと「Dizzy Fingers」「未知との遭遇/スター・ウォーズ」のインストゥルメンタルも収録されていて、ヴァラエティがあります。「未知との遭遇/スター・ウォーズ」は、リチャードが言うとおり、爆音などの効果音がカットされていて、違和感なく音楽として楽しめます。

    プラスアルファ的な要素が沢山あり、カーペンターズの音楽が好きな人にはまた違った側面から彼らの音楽を聴けるアルバムであると思います。
    メドレーやインストゥルメンタルがあるので、まずこのアルバムから、という風にはなりませんが、ベスト盤などを聴いてからであれば、楽しんで聴けると思います。僕もそのような出会いだったし。
    何度も繰り返し聴く、というようなアルバムではないと位置づけますが、イレギュラーな、遊びの要素が多くあるので、たまに流してみるとまた良さが分かってくる、といった感じです。
    少し何点か入れないとゲームに障るとリッピは言った
    やっったーーー!!!!
    イタリア対ドイツは延長までもつれましたが、終わってみれば2-0!!

    前半はイタリアペース。守備も高い位置で行なう。しかし後半は少し引き気味に。
    いくつか良い場面あったけれど、ゴールはわれず。
    長いボールを多用して、サイドのスペースなどにボールを入れようとする戦略が良く見られましたが、オフサイドにかかってしまう。コーナーになっても、レーマンがことごとくキャッチ。

    延長はイタリアにすぐに決定的な場面ができる。
    ジラがエリア内でこねて、シュートしたがポスト。
    ザンブロッタのミドルはこれまたポスト。
    リッピは、デル・ピエロ投入。
    そして、後半になってピルロのスルーをグロッソがシュート、ゴール!!
    そのすぐ後には、カウンターから、ジラが落ち着いてフリーのデル・ピエロに渡し、左斜め45°からシュート、ゴール!!
    そして、終了の笛。狂喜乱舞した最後の5分間…。

    とにかく、イタリアは全員がベストなプレーをしていた。良く走ってた。
    中でも、ブッフォン、カンナバーロの守備、トッティ、ピルロのボール供給は冴えていた。
    それと延長の、デル・ピエロ‐ジラ‐イアクィンタ、トップ下トッティ、その下にピルロの攻撃の組み立てはかなり機能していた。リッピが盛んに、カテナチオ(だけ)じゃない、っていっている意味が良くわかる。
    それと、やはりグロッソですね。後半終わり際できちんと決めたのはすごい。オーストラリア戦でも決定的な仕事したし。
    今日から、ウイイレでもグロッソ使います!。今後の評価が上がること希望。

    ということで決勝進出。
    これは優勝かなり期待できます。
    ONE BIG SAVE つっ込んだゴールポストで思いっきり頭打った!
    イタリア対ウクライナ、3-0でイタリアが勝利。
    ベスト4進出です。

    今日の試合は、ザンブロッタがキレキレでした。守備に加え、1ゴール1アシスト。
    また、カンナバーロはW杯通じて良い守備している。ネスタがいないのをきちんとカヴァーできています。ブッフォンやガットゥーゾも体張ったプレイでカテナチオ崩してません。特にブッフォンは痛そうだった。

    あとトッティ。デル・ピエロより良いパフォーマンスしているといっていいでしょうね。
    デル・ピエロを見たい僕としては、トッティと共存してほしいとも思いますが。
    そして!ここにきてトニ。やっとこさ、2点とりました。トニはかなりマークがきつくて、こんなべったりされたんじゃ、得点できなくても…なんて思って見てたけれど、残り2試合となったところで、決めだしたのが嬉しい。ポストプレイも機能している。

    次はドイツ戦。
    アルゼンチンよりやり易いけれど、ホームチームなだけに環境としてはやりにくい。
    それとW杯前に4-1で勝っているというのは大きいとはいえ、今のドイツは勢いがありますから…。
    でもW杯は2大会ごとに決勝にいっているイタリアとしては勝って伝統をつないでほしい。
    つうか、ここまできたんだから優勝して欲しい。