芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • 近づいたLast Scene または これが定めと割り切るにはちょっと切ないな ロンリーナイト
    心のベスト10第一位はこんなバンドであるGARNET CROWが解散します。
    2000年にメジャーデビューしてから、今年13年目で解散ということで、デビューから聴いてきた身としては、10代後半から現在の20代後半という期間をガーネットの楽曲をそばにして過ごしてきたことになります。いろいろな音楽を探して幅広く聴くということをしなかったので、ガーネットは自分の中で結構大きな位置を占めていたと思います。

    楽曲だけに接してきて、正直メンバーやグループの状態や経過などはほとんど知らないので(ファンクラブには入っていないし、ライブも行ったりはしていなかったので)、いろいろな事情が絡んでいるだろう解散については、個人的にどうのこうのいう気はないです。
    一ファンとしては、13年間休止状態になることもなく、クオリティを保って、これだけの作品を残してきたことが本当に素晴らしいし、尊敬します。
    全活動期間に渡って意欲的な制作を見ていると、(ファンのなかには前々から議論されていたという)解散などについて考えたこともなかったわけですが、同時に、「すべてを出し切った」というコメントも受け入れることができました。
    曲がつくれなくなった、声がでなくなった、とかで解散せざるをえなくなるのではなく、トップギアのまま走り抜けて完走する、ってのはガーネットらしくていい。

    ライブは、メモリーズのライブにいったことがあって、機会があればまた行ってみたいな、くらいに思っていたのですが、今回ラストということで先日の東京公演に行ってきました。
    メモリーズのときよりもボーカルの伸びが良かったし、メモリーズツアーのときに聴けなかった楽曲もいろいろ聴けて満足でした。
    解散についてのコメントはなかったけれど、それはラストの大阪で語られるのかもしれません。メンバーは非常に楽しく盛り上げようとやっていたのが印象的でした。

    バンドはこれを書いている時点で、2週間後に控えた大阪2公演をもって解散となります。
    毎年定期的にシングル、アルバムがリリースされてきて、これがなくなるのかというと、さみしいというか少し心に穴が空いた感じもします。
    ただ、青春時期をともにしてきた音楽なので、これからも大切に聴いていきたいです。

    スポンサーサイト
    スレイヤーズMEGUMIX


    TVアニメ・スレイヤーズにて林原めぐみが歌った楽曲集です。
    スレイヤーズは中学校くらいに、スレイヤーズ、スレイヤーズNEXT、スレイヤーズTRYを見てきた世代なので、大人になってから聞くとかなり懐かしい気分になりました。
    OP、ED、挿入歌・その他企画などそろっていて、しかもインストゥルメンタルまで含んだ豪華版になっています。

    何故にここでとりあげたかというと、スレイヤーズっていう作品がピンチな状況を気合で乗り切ってく系のお話で、アニメの楽曲もそういった歌詞でとてもテンポ・ノリのいい曲が集まってるんです。
    あきらめない、くじけない、終わらない、走り続ける…と、とにかくやってやろう!という気分になります。
    林原めぐみのどの音域でも伸びのある気持ち良いヴォーカルもあってると思います。
    アニソンだからと敬遠することなく聞ける曲も多いと思います。さすがに90年代を感じるところはあるかもしれまんが笑。
    こんなときだからこそ素朴に響いてくる感じがして懐かしくも聞いてます。
    川本真琴「音楽の世界へようこそ」


    かなり久しぶりの音楽の項の更新になりました。
    川本真琴の9年ぶりとなるアルバムです。
    タイガーフェイクファとかの活動は知っていたのですが、この3rdはお粗末ながら最近買って聴きました…

    何気に2ndからかなりの歳月がたっていたのですね。
    川本真琴としての活動はもうないのかな、と思っていたので、驚きました。

    今回のアルバム、前と違うじゃん、と聴いてみて思う人はけっこういるかと思います。
    でも、2ndまでの路線を9年もたって期待する、というのはちょっと無理あると思います。
    エフェクトかけて、ハイテンポな曲とはうってかわり、アコースティック感あり、スローテンポでゆったりとした気分で聴ける、落ち着いた曲がつまっています。
    おちゃめで遊び心のある曲もあり。
    声質は変わらずよい伸びです。

    シングルコレクションも発売されたようで、こっちも聴いてみたいです。
    syrup16g syrup16g


    syrup16gの最後のアルバム。
    このアルバムがリリースされてちょっとして武道館ライブをしてバンドは解散してます。

    個人的には、シロップの中では、一番に聞いているアルバムです。
    シロップの曲の中には、ライトリスナー向けとしてはあまり馴染まないというか、メロディーラインが弱いような曲がいくつかあるように思いますが、このアルバムは、そういう意味では、スローテンポ・アコースティック・美メロなどの要素のある曲が多めで、聴きやすいのかなと思います。
    加えて、それまでのシロップの歌詞にあるような、陰鬱でダウナー系の印象からも外れる、ある種の意思・主体性が感じ取れる歌詞も魅力だと思います。もちろん、それまでの歌詞の世界も、今の時代のリアリティを独自の視点で提示しており、鋭く喉元に迫るようなインパクトがありますが、このアルバムはそのリアリティを放置気味に描き出すだけではなく肯定的に受け止めていこうとする力が自分には感じられます。

    歌詞、メロディともに気に入っているのが、「さくら」、「バナナの皮」、「イマジネーション」、「夢からさめてしまわぬように」です。
    最初にバナナを聴いた時はシロップのイメージが変わりましたね。
    最後のアルバムで新たな側面を見せてくれて、今振り返っても解散が惜しまれるバンドですが、このアルバムを一通り聞くと、解散までの流れも納得できるというか。。
    仕事で車を運転しますが、車内でよく聴いてたりします。
    最後にちょっと、上で挙げた歌詞の一部を載せてみます。

    「さくら」
    すべてを失くしてからは ありがとうと思えた
    これはこれで青春映画だったよ 俺たちの

    「バナナの皮」
    条件はいらないよ この一瞬に全部捧げて
    後悔など無かったって 笑って言えるなら それが最高じゃん

    「イマジネーション」
    成功するのがすべてとは 今でも思っていないけど
    守るため強くなる 必要はあるんじゃないか

    「夢からさめてしまわぬように」
    苦しまないで 後悔などしないで
    みんな何事もない日々が当たり前なんて思ってないから


    Thanks to TBL
    La musique de i pod


    ちょっと前になるけど、ついに i pod 買ってしまいました。
    野外では音楽を聴かない・イヤフォンを通して音楽を聴かない、ってのがあって、デジタルオーディオプレイヤの類は買わないつもりで大学生活からきていた身なんですが、そういっていると社会人になると音楽を聴く時間がなくなっていたので。
    通勤時間や休み時間に聴く時間はあるし、何よりも気分転換に最高ですね。

    持ち運びに便利な nano を買おうかと思っていたけど、容量の問題で classic を買いました。
    こんなに大容量だと、アルバム200枚程度を高音質でいれてもびくともしない、ってのが素晴らしい!

    あと、イヤフォンですが、耳栓型のイヤフォンは合わないので、オーバーヘッド型でもって携帯性・密閉性があるヘッドフォンを買いました(型は古いけどAKGの414Pです)。
    ヘッドフォンは、通勤や職場で使うのなら、携帯に便利なのと、他人の視線的にあんまり目立たないのがベターって感じですね。
    ヘッドフォンは本チャン用でもう一個買いたいなあ、とは思っていますが、初心者視点では、音がこもっていない、つまり音がクリア・ヴィヴィド・シャープに聴こえるのがいいのかな、と感じてます。
    popやrock系統の音楽を聴くならある程度は許容されるけど、アコースティック楽器やヴォーカルで聴かせる音楽は、音がこもってる・遠くから聴こえるのは、うーん…、という感じですよね。
    高低のバランスも大切だけど、イコライザ設定もあることを考えると、音の鳴り方、通り方に重きを置きたいです。
    ヘッドフォンの良さもありますが、デジタルオーディオに移行すると、(もとの)音源の質の良さ、がかなりのウエイトを占める、ってもの実感しております。
    使い始めたばっかなんで、いろいろ試してベストな環境でつかいこなせたらいいなーと。