芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
    【ブダペスト】 ハンガリー国立美術館


    ブダ王宮を構成する荘厳な美術館です。
    英雄広場にある西洋美術館は国外の西洋絵画を、そしてブダ王宮の国立美術館はハンガリー絵画を扱う美術館になっています。双方を回れば、ハンガリー美術、ヨーロッパ美術を十二分に堪能することができます。

    近代ハンガリー絵画というと日本ではあまり馴染みがなく知られていないと思いますが、素晴らしい絵を残した画家がたくさんいます。この点は、同じ時期のベルギーやロシアなども共通しています。
    自分がハンガリー絵画に着目し始めたのは、2003年に文化村で開催された「ミレー3大名画展」で、このときはミハーイ・ムンカーチ、チョーク・イシュトヴァーンが展示されていましたが、この後はハンガリー画家を扱う企画展などには遭遇していません。もっと過去をさかのぼるといくつかハンガリーの美術展が開かれているようですが、今後少しずつでもハンガリー美術が日本でも紹介されていくと良いと願っています。

    19世紀のハンガリーの画家はほとんどがウィーン、ミュンヘン、パリなどで学び技術を習得しており、国外で活躍した画家も多く、諸外国の画家と比べてもまったくひけをとらないと感じます。この時期はハンガリーでもアカデミスム、自然主義、印象主義などの絵画潮流が現われ、各分野で優れた画家が輩出されています。ハンガリーの文化芸術の成熟については、二重帝国の時代背景も関係しているのでしょうか。

    さて、美術館は4階相当のつくりになっていて、階が上がっていくにつれ新しい年代の絵画のセクションになっています。
    1階(グランドフロア)は大作を展示するギャラリーになっていて、エントランスを抜けると、ベンツール・ジュラの迫力ある歴史画大作が迎えてくれます。

    見どころとなるのは、19世紀のハンガリー絵画セクションで、アカデミスムでは、ロッツ・カーロイ、セーケイ・ベルタラン、ベンツール・ジュラ、チョーク・イシュトヴァーン、印象派ではフェレンツィ・カーロイ、シニェイ・メルシェ・パールなどの絵が見られます。なぜか訪問した時はミハーイ・ムンカーチの作品がなかったです(見過ごしていたのか何なのか)。
    ロッツ・カーロイ、セーケイ・ベルタラン、ベンツール・ジュラあたりの女性像は、確かなデッサンのもと、ミステリアスで甘美な独特の雰囲気があります。
    また、Gyárfás Jenőの作品がとても人体、表情の表現に秀でていて印象に残っています。
    公式サイトでは、収蔵作品の図像をセクションごとにまとめて公開しているので、参照してみるといいと思います。

    現代美術コレクションも多く展示しています。こちらも、絵画、立体ともに非常にヴァリエーションある展示となっていて、面白く見て回ることができます。

    展示環境については、主に上階展示室で、照明が明滅していたり、照明の色が異なったりと、お粗末なところもありました。らしい、といえばそうなのかもしれません。
    また、別料金で写真撮影も可能ですが、やはりチケットを監視員に見て確認してもらわないと、カメラチケットを持っていても注意される、というようなことが起こりました。
    とにかく広くて展示量もあるので、気軽に休めるスペースやカフェなどが充実しているともっと良いと思いました。マーチャーシュ教会の方まで出れば、いろいろお店はあります。
    ネームヴァリューは劣りますが、19世紀絵画を中心にクオリティの高い作品が多数揃っているので、新たな発見をしに出かけていってもらいたいと思います。

    スポンサーサイト
    【ブダペスト】工芸美術館


    ハンガリーを代表する建築家レヒネル・エデンの設計による美術、博物館であり、その特異な外観が目を引きます。ジプシー王の宮殿、というような異名もあるそうで、ひときわ存在感があります。
    レヒネル・エデンの設計の建物はブダペスト市内にいくつかあるので、建築を見に回ってもいいでしょう。ちなみに彼の像は工芸美術館入り口そばにありました。

    工芸や装飾を扱う美術館は収蔵・展示品が多岐に渡るものですが、この美術館もこれに漏れず、さまざまな美術品を展示しています。
    常設は展示量過多になることなく、年代順に金銀器、陶磁器などをまとまりよく展示していたのが印象に残っています。多くの収蔵品からセレクトされているだろうということもあり、とても精巧で、綺麗な品々が並んでいました。
    また、ハンガリーのレースを陳列してある展示室もあり、個人的には満足度が高かったです。現地のアンティークのレースで、質よく仕上げられた大作というのはなかなか鑑賞できる機会はないですし、テキスタイルパターンとして見ても非常に凝っていて興味深いと感じます。
    その他、現代の作品を扱った展示室もあり、これも非常に面白い作品が多く、見応えは十分でした。
    ちょっと中心地から離れてしまうのでアクセス的には良くないかもしれませんが、建築、収蔵品ともに一見の価値はあります。



    【ブダペスト】国立西洋美術館


    ブダペストの英雄広場に構える大美術館です。
    古代の神殿を模した堂々としたポルティコを持っており、まさに美の殿堂といえるようなファサードですね。
    1896年に建設され、1906年に美術館としてスタートしとのことで、100年以上の歴史を持っています。

    相当規模の展示スペースを有しており、それに見合った展示量を誇っています。
    常設展示に加え、企画展も開かれており、双方をじっくり鑑賞するとなると、一日コースになってしまいます。
    常設展示だけでも午前だけで見るのはきついところもあるので、午後に行くことをおすすめしたいと思います。
    近くには、グンデルやその姉妹店バゴイヴァールなどの知られたレストランもあります。

    展示作品は主にルネサンス~19世紀までのヨーロッパ絵画であり、オーセンティックかつ、ヴァラエティのあるコレクションを持っています。
    また、彫刻、考古学資料なども収蔵、展示しています。

    一回りしてみると、西洋絵画の中でも、フランドル絵画とスペイン絵画が特に充実していることが分かります。
    エル・グレコ、ムリーリョなどは作品数もあり、コレクションの核になっていました。加えて、スルバラン、リベラ、ゴヤ、ベラスケスなどの完成度の高いコレクションもあり、スペイン絵画の巨匠はフォローされています。
    フランドル絵画は、壁一面にずらっと展示してある独立したギャラリーがあって、正直一枚一枚鑑賞する時間がないほどでした。

    一応、訪問時に常設展示で鑑賞できたものについて、下記のように簡単にリストします。
    西洋美術館に関しては、公式HPが発達しており、収蔵品の画像を見ることができます(カラ―、モノクロ混合)。
    それなので、詳しい収蔵作品情報については公式HPを参照することをおすすめします(もちろん、展示替えはしているでしょうが、すべてが常設展示、公開されているわけではありません)。
    HPを確認すると、アメリングの作品などもっと出してほしいものもありますね。また、20世紀絵画も多く収蔵していることも分かります。

    ルネサンス

    ティントレット、ヴェロネーゼ

    スペイン絵画

    エル・グレコ、スルバラン、リベラ、ムリーリョ、ゴヤ、ベラスケス

    フランドル
    ルーベンス、ヴァン・ダイク、ヨルダーンス

    フランス絵画

    グルーズ
    トマ・クチュール
    ドラクロワ、シャセリオー
    コロー、マネ、ブーダン
    ドービニー、ディアズ、シャルル・ジャック
    モネ
    ルパージュ
    ギュスターヴ・ドレ

    シャセリオー作品は小品。ドレはあまり見たことない婦人胸像。

    ドイツ、オーストリア絵画
    ハインリヒ・フューガー
    ダンハウザー
    フランツ・アイブル、アメリング、ヴァルトミュラー
    ハンス・マカルト
    シュトゥック

    こう並べると結構そろっている印象です。
    アメリングは人物(頭部)習作と読書する少女の二点がありました。習作といってもレベルは相当高く卓越した技量を見ることができます。

    その他
    レイバーン
    セガンティーニ

    レイバーンは中欧ではここくらいだったと思います。セガンティーニは初期作あり。

    ***

    展示室は、順路が明確でなかったり(部屋がそれぞれつながっています)、一つの展示室の中の作品の国・時代なども統一されていなかったりと、展示についてはちょっとケイオスな感を受けました。結構なアバウト感、ざっくり感があります。
    ということで、順路が定めにくく、展示室も多くあり、広いので、見逃しがないように注意したいです。

    ブダペストの美術館はカメラチケット制をとっているところが多く、館内で写真撮影したい場合は別途チケットを購入する必要があります。写真をとるにあたり小さなチケットを見える位置に掲げることになりますが、それでも逐一監視員に注意・確認されて、カメラチケットを提示する、ということが何度も起こりました。
    ブダ王宮にある国立美術館も同じシステムで同様な体験をしました。結構不便な制度運用なのでここも注意が必要です。

    ハンガリーの美術館というとあまりコレクションが充実してないのでは、というような先入観もあるかもしれませんが、良い意味でこれを裏切ってくれます。
    見るべき名画が多く時間をとって鑑賞したい美術館です
    【ウィーン】オーストリア応用美術博物館


    装飾、工芸などなどの応用美術を専門に扱う美術館/博物館です。
    Österreichisches Museum für angewandte Kunst (in Wien)で、頭文字から通称MAKと呼ばれています。

    「応用美術」の名称のとおり展示の幅はとても広く、また、展示空間や展示方法も凝ったものが多く、驚き、面白さの連続でまったく飽きさせません。
    家具、陶磁器、テキスタイルなど暮らしの中にも密着した装飾、デザインなどは、身近にあるし、直感的に違いが分かるので、詳しくなくても見ていて面白いです。
    通常の観光や絵画美術館が続いたら、こういったところに箸休め的にも行ってもいいと思いますね。

    企画展もいくつか開催していて、訪問時はウィーンの工房や日本の漫画を扱った展示をしていました。
    企画展は、本館に隣接した別館となる建物で開催されていましたが、本館と別館を合わせると随分と展示面積がありました。
    企画展も展示方法が体感的に楽しめるようアレンジされていて、常設展同様楽しめました。
    見せ方は相当工夫されていて考え抜かれているなと感心しました。

    ミュージアムショップ(デザイン・ショップという店名です)は発達していて、おしゃれな雑貨類がセレクトされているので、眺めるだけでも楽しめます。
    さらに、付設のレストラン(ÖSTERREICHER IM MAK)が有名で、ここを目当てにも行くのも良さそうです。バーもあるのでかなり遅くまで開いているようです。

    装飾工芸専門の美術館は各都市にありますが、MAKはただの美術品の羅列的な展示に終わらない部分が随所にあるので、いろいろな発見や出会いを期待して訪れて欲しい美術館です。
    【ウィーン】オーストリア・ギャラリー(ベルヴェデーレ上宮)


    ピクチュアを見る通り、バロック様式の豪華な宮殿美術館で、広く立派な庭園もあります。もとはプリンツ・オイゲン公の離宮としてつくられたもので、彼の死後にマリア・テレジアに売却されたとのことです。
    ベルヴェデーレ宮殿の上宮が、オーストリア・ギャラリー(オーストリア絵画館)として、近代絵画をメインとした美術館として公開されています。
    また、上宮があるということで、もちろん下宮もあります。訪問時下宮では企画展を開催していましたが、時間の都合でパスしました。
    ウィーンの地図を見ると一目瞭然ですが、上下宮殿・庭園でかなりの敷地面積を有しています。歩き回ると結構な距離になります。

    展示内容は、18世紀以降が中心です。現地で確認できたものについて以下に簡単にまとめておきます。

    18世紀絵画
    ヨハン・ロットマイヤー、ハインリヒ・ヒューガーなど。

    ロマン派
    フリードリヒの完成度の高い作品がありました。

    オーストリア絵画(ビーダーマイヤー、その他)
    フェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラーの作品は人物画中心に結構な展示数がありました。
    フリードリヒ・フォン・アメリングは、女リュート奏者を描いた作品がありました。
    アメリングは数点しかありませんでしたが、十分に上手さが光っていました。ヴァルトミュラーは丁寧に細部から仕上げている感は出ていますが、少なくとも人物に関してはデッサン、構成、表現などアメリングの方が上ですね。アメリングはなぜか画集類が発達してないのが気になりました。ミュージアムショップにはヴァルトミュラーのものは企画展図録(2009年に大規模な回顧展が開かれたようです)はありました。事前にアマゾンで見たり、現地の書店も見たりしましたが、分離派より前の画家はあまり扱われていません。
    アントン・ロマコ(Anton Romako)はこの美術館でとても印象に残った画家です。あやしさを醸す独特の描写とタッチが際立っています。
    エミール・ヤコブ・シンドラーは良い風景画がいくつか展示されていました。

    フランス絵画
    ダヴィド、コロー、ジェラール、印象派、ドービニー、ミレー、ドーミエ、クールベなどの作品がありました。ドーミエはサンチョ・パンサを描いた作品があり気に入りました。

    クリムトその他
    クリムトは代表作が集まっているので、クリムトファンでなくとも鑑賞する価値ありです。クリムトの展示室は他と趣きが変わっていて、作品の静謐さ、荘厳さなどを増していました。
    また、スクエアな画面を使ったあの独特の風景画を集めた展示室もありました。クリムトの風景画をまとまって見られたのはこの美術館のみであったので、この点でも貴重だと思います。
    その他、ココシュカ、エゴン・シーレなどのコレクションも充実しています。

    その他
    20世紀絵画もかなり多くあったように記憶しています。画家の自画像のコレクションもあったように思います。

    **

    以上のように、展示内容は多岐に渡り、展示量・面積も多いです。十分な時間をとって鑑賞に臨むか、分離派など目的を決めてスポット的に見てくるのが良いと思います。上下宮を回るとすると、休憩なども含めて半日強~1日がかりになってしまうと思います。
    オーストリア絵画を見るには、ウィーンミュージアム カールスプラッツよりも充実した美術館であり、近現代の西欧美術コレクションも質が高いので、個人的にはウィーンの美術館の中では満足度は高かったです。建築を見たり庭園も散策できたりしますのでおすすめです。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。