FC2ブログ
芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
    映画 女の一生
    原作 ギィ・ド・モーパッサン
    監督 ステファヌ・ブリゼ
    2016, フランス

    モーパッサンの傑作『女の一生』が映画化、ということで岩波ホールまで見てきました。
    簡単に感想を書きます。

    ナレーションや独白、説明調なセリフが排除されていて、かつ、映画的表現手法として、物語軸のほか現在と断片的回想が織り交じるので、正直言って予備知識なく初見で始まりから物語を諒解するのは少し難しいかな、と感じました。
    ジャンヌの結婚から老いまで、描くスパンも長いので、場面展開も早く、次のカットでは数年進んでいる、あるいは(過程抜きで)結果しか描写しない、ということもザラであり、ここも付いていかなければいけません。
    ※ただ、最後では小説同様、説明的、結末的なシーンが入るので、最後まで置いておかれるということはないです。
    ということで丁寧に小説的に事件や感情をなぞることはしていないので、そういう意味では、小説描写の客観的な映像化、PVのようにも感じました。悲劇的な事件とは逆の、幸せな回想シーンは悲哀を増します。

    個人的には小説の世界を現実的に映像化している点は評価できると思いました。
    上でも述べたようにナレーションだったり字幕だったりセリフだったりの説明を避け、回想(心象風景)や登場人物のやりとり・感情表現で場面を展開させている点も特徴的で、「一生(Une Vie)」の流れを感じさせました。
    ただ、ジャンヌが自身の外の人間の世界との折衝やそこでの挫折に苦悩するのは、彼女が少女時代を修道院で生活をしてきたことや、結婚やこれからの生活を理想化し夢想していたことが大きいわけです。
    プレーンな、一般的な人間が運悪く周りの不道徳な人間に裏切られたということだけでないことが重要なのだから、そういう部分をもうちょっと見せていれば、悲劇性や神の教え、最期の救いというものがよりクローズアップされたと思います。

    全体的には小説の各事件を大きく省くことなくテンポよく最後まで描写している点など、古典の映画化としては適切と思います。小説を読んでから見たい映画と思いました。
    スポンサーサイト
    Garnet Crow ’Float World’ より(’Go For It’ 追記)
    AZUKI七の作詞。
    Garnet Crowの膨大な作詞のなかでは、意味の取りにくい衒学的、ナンセンスを装った感じのフレーズも多いと感じるが、
    こんなような、直接で、見落としがちな視覚から書いたものもある。

    * * *

    衝動に任して全部(すべて)終わりにしたくなる時ない? 
    愛に満ちた時間(とき)はいつまでも続きやしない

    人は弱さ故に 誰かの為に生きてる 
    そんなつもりになって そして欲しがる

    僕らはまだ知らぬ場所へ行こうとしてる? 曖昧なイメージのくせに
    此処でいいじゃない
    めぐり来る明日を迎え撃てば
    満ち足りる・・・Float World



    * * *

    追記。
    Float World を挙げては、こちらも挙げないとということで、Go For It も並べます。

    明日(あす)を迎え撃て まだ立ち上がれるでしょう
    その命の限り 下ろせHummer

    敵は我が身の内(なか)
    気づいているでしょう
    孤独な戦いをしてきた人
    brogue 2017
    かなり前にフルブローグの革靴のリストを書いたのですが、セミブローグ込みのブローキング靴のリストを足したいと思います。
    確認したら2011年の記事で、その後に実際に買ったのはリストにない、アレンエドモンズのマカリスター(Allen Edmonds, McAllister)でした・・・
    AEのブローグ靴は、ブローキング、パーフォレーションの存在感、5番ラストのシェイプ、履き心地の良さが際立ちます。
    セミブローグのストランドを買い足しもしてます。


    1. Edward Green CADOGAN
    EGのセミブローグと言ったらカドガン。カラーバリもあります。
    EGは高嶺ですが、いつか履いてみたいですね。

    2. VASS
    ハンガリー、ブダペストのハンドソーンウェルト靴。
    Fラスト、P2ラストその他で展開(セミ・フル、内・外羽根)があります。
    両ラストともにスタイリッシュで繊細、キレイ目な格好にあいます。
    内羽根でなく、外羽根のP2フルブローグを持っています。ラストは甲や立ち上がり部がかなり低いです。

    3. Enzo Bonafe
    ボナフェも、ラスト、製法、デザイン違いで、いろいろ出していますね。
    ラウンドトゥのハンド靴がいいなと。

    4. Tricker's
    個性的なブローグといったらトリッカーズ。
    ですが、短靴は幅広過ぎて合いませんでした。ウィズが展開がないんですね(レディースになってしまう)。
    ブーツだったら行けるのかな、と心の隅に置いてはいます。

    5. CHEANEY
    前回は125ラストでリストアップしましたが、年月を経て、130ラストがリリースされています。
    トゥが、125ラストはセミスクエア目でしたが、130ラストはラウンドトゥとなっており、個人的には興味が増しています。
    現在130ラストではフルブローグがあり、今後素材・カラーやモデル(セミブローグ、ストレートチップなど)の展開が広がればいいですね。

    Syrup16g I・N・M より
    意味が足りないというのなら 位置が見えないというのなら
    知りたくもない自分とやらに 向き合うことしかない きっと
    逃げたいキレたい時もある 別れを告げたい時もくる
    逃げたい消えたい時もある ただ前を知るために精一杯


    標題曲からの一部抜粋。
    解釈はいろいろあって聴き手にもゆだねられているが、
    現代社会のしがらみ、うっとおしさや強迫観念的に迫る「自分」の確立といったものが、それぞれのフレーズにリンクしていると感じる。
    ただ単にそれらを否定したり悲観したり一笑に付したりせずに、現実的に描いており、ある意味超然とした強さも感じる。
    Alice's Adventures in Wonderland より引用
    “Would you tell me, please, which way I ought to go from here?”

    “That depends a good deal on where you want to get to,” said the Cat.

    “I don’t much care where——” said Alice.

    “Then it doesn’t matter which way you go,” said the Cat.

    “——so long as I get somewhere,” Alice added as an explanation.

    “Oh, you’re sure to do that,” said the Cat, “if you only walk long enough.”

    ______________

    チェシャ猫とアリスの会話から。
    ※適当に訳をつけてみました。違ってる部分あれば済みません。

    ア- お願い、教えて。私はここからどこへ行ったらいいの?
    チェ- それはかなりのところ君がどこへ行きたいかによるなあ。
    ア- どこだろうと気にしないわ。
    チェ- それならどこへいこうがどうでもいいじゃない。
    ア- どこかには着く、ということならね。
    チェ- ああ、十分に歩いたなら、きっとどこかには着けるよ。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。