芸術、書籍、音楽などのレヴュー。あるいは随筆。 - Revue de l'art, le livre, la musique etc, ou essai.
  • calendrier
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
    ミュシャ展 国立新美術館
    ミュシャの最大のライフワークであり歴史的大作のスラヴ叙事詩全20点を展示する企画展です。
    個人的は、この作品を見る目的で2013年にプラハのヴェレトルジュニー宮殿にいったことがあるので、思い入れの深い作品であり、しかも今までの来歴・経緯も多少知っていたので、この作品群がよもや日本で公開されるということにも非常に驚きました。
    過去記事:http://rapsodie.blog9.fc2.com/blog-entry-381.html

    当時の現地訪問では、ヴェレトルジュニー宮殿の1階の展示会場に10名程度の客しかおらず、ほとんどの作品を間近で一人で鑑賞できました。
    もちろん今回の展覧会は超人気展となっており、平日でもチケットカウンターやショップはずっと行列しており、内部も多くの観客でにぎわっていました。
    ただ、混雑で鑑賞できないレベルということはなく、巨大絵画であるので(ほとんどの人がひきで見るため)意外に至近距離ではゆっくりと鑑賞できるスペースがありました。

    スラヴ叙事詩展示の後は、パリ時代の作品が並ぶ章になっていました。
    もちろん、企画展のボリュームやミュシャの紹介という観点では良いのでしょうが、個人的には蛇足感が否めず、「ミュシャ展」が実質「スラヴ叙事詩展」というコンセプトであったなら、ない方が統一感があったと感じました。当然、本展は「スラヴ叙事詩展」と銘打っていないので私の批判はあたりませんが、欲をいうなら、メイン会場以降は、スラヴ叙事詩の関連作品(習作、デッサン、写真等)を扱って、「スラヴ叙事詩展」となっていれば文句のつけようのない企画展になったと思います。
    パリ時代のリトグラフや作品はこれまでの企画展で見たものが多く、多分に自分と同じ感想を持った方がいたのではと思います。

    また、日本の企画展ではあまりない、写真を撮ることが可能なコーナーがありました。
    今のスマホ、SNS全盛を反映している企画ですが、個人的にはこのような激烈に混み合う企画展では止めてほしいです。というのも鑑賞者が撮影者に遠慮しなくてはならなくなるような状況が多く生まれ、生の絵に向き合うという本来の目的がそがれるからです。
    大きな一眼レフを持ち込むガチな人や、絵の前に立って記念撮影する人など、スマホで一二枚控えめに撮るというような感じではない人も見受けました。

    スラヴ叙事詩は、最初の3作品が特に構図、空間の広がり、人物の連動感から見て素晴らしいのですが、一般にもそのような評価であると知りました。この前段3作は、現実世界の中に理念的な、ヴァーチャルな世界を重ねて描いている点が共通しています。特に、第一作「原故郷のスラヴ民族」は静謐でシンボリックな作品、対して第二作「ルヤーナ島でのスヴァントヴィート祭」は「原故郷~」の統一感や緊張感とは別ベクトルで、躍動的でやや乱雑さをもって鑑賞者を圧倒させるかのような作品で、この2作は好対照をなしています。
    他は、「ヤン・アーモス・コメンスキーのナールデンでの最後の日々」、「ロシアの農奴制廃止」などの寂寞感や鬱屈とした大気表現なども個人的に好きです。
    絵画の鑑賞の仕方としては、もちろん画面を広く捉え、全体的に鑑賞することも大切ですが、個々の人物や装飾等にフォーカスして見るのもよいと思っています。このような超大作でも、当然のことながら、一人一人の登場人物の折り重なりによって、もっといえば筆のひとつひとつのタッチによって構成されています。多くは技術的なことになってしまいますが、絵に近寄ってタッチや絵肌を観察することで見えてくることがあります。この点でも第一作「原故郷~」は草むらのタッチなど遠くからでは分からない画面処理が見えてきます。

    今回は図録も貴重なものとなっており、スラヴ叙事詩を真正面から捉え、網羅的に解説した初の図録かと思います。書店でも広く発売しており、主催者側の意気込みも伝わってきました。
    スポンサーサイト
    国立ロシア美術館


    ロシア、サンクトペテルブルクにある、主に近代ロシア美術をコレクションする美術館です。
    モスクワのトレチャコフ美術館と双璧をなす一大コレクションを有し、ロシア近代美術を語る上では欠かせない美術館といえます。
    レーピン、クラムスコイ、スリコフ、V.ペロフ、シシーキン、アイワゾフスキー、クインジ、ヴルーベリら主たるロシア画家の代表作(大作クラス)が一堂に会しています。また、これ以外にも、中世~現代までの絵画、彫刻、工芸作品も網羅しており、総合美術館といえます。
    日本でも2007年に一度コレクションを紹介する企画展を開催しています(自分は行けていません・・・)。

    レーピンやクラムスコイなどは、展示室一室を与えられており、ファンには垂涎ものの空間になっていました。どれもがクオリティの高い、代表作、秀作ばかりです。まとまってみるなら、トレチャコフ美術館よりも国立ロシア美術館と思いました。
    レーピンは、政府の依頼で書かれた超大作「帝国枢密院設立100周年記念の儀礼」の間が圧巻です。横幅8m超の作品ですが、展示室に入ると正面には大画面がとびこんできて、また横壁には習作がすらっとかけられており、空間自体に圧倒されます。また、「ヤイロの娘の復活」「トルコのスルタンへ手紙を書くザポロージャ・コサック」などの大作が展示されています。
    クラムスコイは、クオリティの高い肖像画がいくつも展示されていました。
    また、ヴルーベリも大作(うち1点は「朝(Morning)」という作品)があり、いずれも見ごたえのある作品でした。描かれているものはもちろん、色、色調、絵肌など技術的な部分も見逃せません。

    近代ロシア美術は、日本ではそれほど認知度がないように思われますが、ここを見ればその技術の高さや表現の幅に驚嘆するはずです。
    ペテルブルクに行った際は、エルミタージュ美術館で終わらず、国立ロシア美術館で現地の質の高い美術にも触れてほしいと思います。
    Garnet Crow ’Float World’ より(’Go For It’ 追記)
    AZUKI七の作詞。
    Garnet Crowの膨大な作詞のなかでは、意味の取りにくい衒学的、ナンセンスを装った感じのフレーズも多いと感じるが、
    こんなような、直接で、見落としがちな視覚から書いたものもある。

    * * *

    衝動に任して全部(すべて)終わりにしたくなる時ない? 
    愛に満ちた時間(とき)はいつまでも続きやしない

    人は弱さ故に 誰かの為に生きてる 
    そんなつもりになって そして欲しがる

    僕らはまだ知らぬ場所へ行こうとしてる? 曖昧なイメージのくせに
    此処でいいじゃない
    めぐり来る明日を迎え撃てば
    満ち足りる・・・Float World



    * * *

    追記。
    Float World を挙げては、こちらも挙げないとということで、Go For It も並べます。

    明日(あす)を迎え撃て まだ立ち上がれるでしょう
    その命の限り 下ろせHummer

    敵は我が身の内(なか)
    気づいているでしょう
    孤独な戦いをしてきた人
    ティツィアーノとヴェネツィア派展 東京都美術館


    日伊国交樹立150周年記念の企画展で、表題のとおりヴェネツィア・ルネサンスの重鎮、ティツィアーノを中心に据えています。

    同じく、日伊国交樹立150周年特別展として、国立新美術館で「アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」展が開催され、ティツィアーノの代表作が日本で多く鑑賞できる機会が続いています。
    本展も、「ダナエ」「マグダラのマリア」「教皇パウルス3世の肖像」など、まさに教科書級の作品が一堂に会しており、豪華な内容となっています。
    また、ベッリーニ、ティツィアーノ、ヴェロネーゼ、ティントレット等、ヴェネツィア出身の巨匠の作品も展示を彩り、新美の展示とともに、華やかなヴェネツィア・ルネサンスを満喫できます。

    いつも感想として書いているのですが、ヴェネツィア・ルネサンスとくくられるなかで、やはりティツィアーノが傑出していることが今回も強く印象に残ります。
    ルネサンス絵画なのですが、たとえばその次のバロック期の肖像画の大家、ヴァン・ダイクと並べてみたとしても、ティツィアーノの肖像に古臭さや古典っぽさを感じない。
    量感を増すタッチ、色彩や人体・表情の表現は、通時的に魅力を保持しているようです。
    ミケランジェロが「ダナエ」に対してデッサンをなじったようなエピソードがありますが(これは後世の伝聞・伝記の域なので真偽不明。確かに「ダナエ」以外も「マグダラのマリア」上半身など人体デッサンに正確なのかと見えなくもない)、それはミケランジェロの求める域が高すぎるのであって、デッサン以外の人物表現や画面構成、色彩などはそれを補っても余りあるほどであるのは疑いようがないです。
    brogue 2017
    かなり前にフルブローグの革靴のリストを書いたのですが、セミブローグ込みのブローキング靴のリストを足したいと思います。
    確認したら2011年の記事で、その後に実際に買ったのはリストにない、アレンエドモンズのマカリスター(Allen Edmonds, McAllister)でした・・・
    AEのブローグ靴は、ブローキング、パーフォレーションの存在感、5番ラストのシェイプ、履き心地の良さが際立ちます。
    セミブローグのストランドを買い足しもしてます。


    1. Edward Green CADOGAN
    EGのセミブローグと言ったらカドガン。カラーバリもあります。
    EGは高嶺ですが、いつか履いてみたいですね。

    2. VASS
    ハンガリー、ブダペストのハンドソーンウェルト靴。
    Fラスト、P2ラストその他で展開(セミ・フル、内・外羽根)があります。
    両ラストともにスタイリッシュで繊細、キレイ目な格好にあいます。
    内羽根でなく、外羽根のP2フルブローグを持っています。ラストは甲や立ち上がり部がかなり低いです。

    3. Enzo Bonafe
    ボナフェも、ラスト、製法、デザイン違いで、いろいろ出していますね。
    ラウンドトゥのハンド靴がいいなと。

    4. Tricker's
    個性的なブローグといったらトリッカーズ。
    ですが、短靴は幅広過ぎて合いませんでした。ウィズが展開がないんですね(レディースになってしまう)。
    ブーツだったら行けるのかな、と心の隅に置いてはいます。

    5. CHEANEY
    前回は125ラストでリストアップしましたが、年月を経て、130ラストがリリースされています。
    トゥが、125ラストはセミスクエア目でしたが、130ラストはラウンドトゥとなっており、個人的には興味が増しています。
    現在130ラストではフルブローグがあり、今後素材・カラーやモデル(セミブローグ、ストレートチップなど)の展開が広がればいいですね。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。